トレンド顔になれる!簡単3ステップふんわり柔らか眉メイク

柔らかい印象になるふんわりとした眉はトレンドメイクの一つです。そんな眉のメイク、ちょっとむずかしく感じている人も多いのではないでしょうか。やみくもに明るいカラーで描くだけではギャルっぽい若作りメイクに見えてしまうことも……。

そこで今回は、自眉を生かしながら内側から柔らかさが滲み出るようなナチュラルなふんわり眉の作り方をご紹介いたします。

■眉メイクは下準備が肝心!

何事も下準備が大切です。

まずスキンケアやベースメイクの時から気をつけておきたいのは「眉は避ける」ということ。クリームやファンデーションの余計な油分が邪魔をして眉を描きにくくしてしまいます。

眉は毛が密集していてクリームやファンデーションがたまりやすいので、メイク時にムラになりやすいのです。その結果眉だけ濃く見えたり、浮いて見えたりしてしまうのです。

なので眉を避けてベースメイクまで仕上げたら、付いてしまった余分な油分や粉、毛並みを整えるためにしっかりブラッシングしましょう。

■描き始めは毛の薄いところから

眉の描き始めは筆圧が強く出すぎたり濃くつきやすいため、最初は毛の薄い眉山から眉尻にかけての部分を描いていきます。

このとき、眉山の位置や形、眉尻を決めてしまいます。

その流れで中心から眉山、毛の一番多い中心から眉頭というように徐々に眉頭に向かって描いていきます。

描くときは塗り潰すのではなく、ペンシルの先やブラシの先が鋭いものを使って1本1本眉毛を描いていくように書きましょう。

そうすることで毛と毛の間に細かい隙間ができるので、自然な眉に仕上がりますよ。

■眉マスカラは赤みのあるものを

ふんわり眉に仕上げる最大のポイントは眉マスカラです。ワントーン明るいもので自眉をカラーリングすることで、より明るくふんわりした印象に仕上げることができます。

眉の毛はよく見ると緑っぽい色をしているのですが、この寒色こそが眉が濃く主張しているポイントなんです。マスカラを選ぶ際はゴールド系よりも赤みの強いブラウンやピンクブラウンを使うことで、寒色を中和することができますよ。

また顔全体の血色の赤みと眉の赤みがつながり、よりふわっと柔らかく可愛らしい印象に仕上げてくれます。

いかがでしたか? ポイントを掴んで、ぜひ普段の眉メイクにお役立てくださいね。

(フリーヘアメイクアップアーティスト・中花 絵里香)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理