1. トップ
  2. ダイエット
  3. あなたの昼寝はダイエットの敵?味方?痩せる昼寝のポイント

あなたの昼寝はダイエットの敵?味方?痩せる昼寝のポイント

  • 2014.11.9
  • 1609 views

お昼ご飯で腹いっぱいになった後は、眠くなりやすいですよね。ついつい気持ちが良くて寝てしまったら、いつの間にか外が暗くなっていた、なんて経験はありませんか?でも実は長時間の昼寝は肥満を招く原因になるのです。

 

長時間の昼寝は太る原因!

食後すぐに長時間(2時間以上)寝てしまうと、ホルモンの働きでエネルギーの吸収が活発になり脂肪がつきやすくなります。これが太る原因なのです。それに長時間の昼寝は夜の寝つきが悪くなり、規則正しい生活を妨げることにもつながります。

短時間の昼寝でリフレッシュ

ですが、まったく昼寝をしてはいけないということではありません。

30分以内の短い昼寝なら、その作用が活発になる前に起きて動き出せるので、問題はありません。
短い昼寝は、頭をスッキリさせ、脳の働きを活発にする効果があると言われています。昼寝は20~30分がよく、12時~15時までの時間帯なら夜の睡眠に影響はしません。

昼寝は短時間でリフレッシュするくらいを心がけたいものですね。