1. トップ
  2. ファッション
  3. ソーイ ウィメン 16年秋冬コレクション - ソーイが新たに描く、マニッシュな女性像

ソーイ ウィメン 16年秋冬コレクション - ソーイが新たに描く、マニッシュな女性像

  • 2016.9.13
  • 2405 views

ソーイ ウィメン(soe WOMEN)が2016年秋冬シーズンよりローンチする。初のウィメンズを手掛けるにあたって、デザイナーの伊藤は、自らの母のスタイルを着想源にしたという。

例えば、ヘビーオンスのデニムジャケットは、肩を落として着るだけでなく、そのオーバーサイズを活かして、インナーに着込んでもシルエットが崩れない仕上がり。合わせたジーンズは、2度の折り返しが必要なほど故意に長く仕立てた。さらに、ビックシルエットのプルオーバーやライナー付きのコート、ロングダッフルなどが取り入れられているのも、ソーイの理想とする女性像を具現化する重要な手段である。

マニッシュな装いに欠かすことのできないテーパードパンツは、ハイウエストにセンタープレスを効かせたクラシカルスタイル。さらりと足になじむ素材が、ほどよくリラクシングなワードローブへ導く。そして、足元にはオックスフォードシューズを合わせ、上質さをより確かなものへ。メンズラインの血を受け継ぐディテールへの拘り、全体のバランスは特筆すべき点だ。

そして、そのバランスの源にあるのは、もうひとつの女性像である。ストリートでタバコを吸いながらたたずむ、気だるい印象の女性。それでいて、どこかチャーミングな部分がある人。丈に変化を付けたり、シルエットを滑らかにすることでその愛らしさを表現している。