敏感なデリケートゾーンこそ、植物の心地よさと安心感を【植物のおまもり Vol.11】

感受性が豊かで、だからこそちょっとした環境の変化で繊細にゆらぎやすい。

今回はそんな女性にこそ見つめ直してほしいデリケートゾーンのアイテムや、女性らしい魅力と健やかさを高める「快刺激」と「香り」のケアをご紹介します。

五感の豊かさは武器であり、女性美の源泉

天気の悪い日は頭痛がしたり、体も気分もどんよりしたり。季節の変わり目は風邪を引きやすく、嫌なことがあるとおなかが痛くなったり、下したり。あるいは生理の前になるとピリピリして、まわりに八つ当たりしてしまったり。

どうしてこんなに安定しないんだろう、そんなふうに感じたことはありませんか。でも、じつはその敏感さ、不安定さこそが女性の強み。

新しい命を生み、育むという役割をもつ女性にとって、「安全な環境下にあること」が最優先事項。そのバロメーターとなるのが、安心感をもたらす五感の心地よさです。

(c) Mila Supynska - Fotolia.com

五感が心地よさ、気持ちよさを感じると、脳が「安全である」と認識して体をゆるめ、血液やリンパの循環がよくなります。すると体全体、もちろん子宮や卵巣の機能も高まって、女性ホルモンのバランスとリズムがちょうどよく整い、肌と髪は艶やかに、心は幸福感に満たされます。

心地よくあることが前提で、だから嫌なこと、居心地の悪いことを敏感に察知し、「これは違う」と反応する。それが心と体の変調となって表れるから、一見マイナス面のように思えてしまうんですね。

「ちょっとしたことで心と体が揺らぐのは当たり前。その分、心と体が喜ぶこと、気持ちいいいことをたくさんする」

そう考えると、心身の変調は悩むものでなく、読み取るべきサインであることに気づきます。そして、日常に気持ちいいことを増やすことで感受性がどんどん高まり、小さなサインに早く気づけるようになっていくので、好不調の波が穏やかになり、“元気ゾーン”が広がって、キレイもレベルアップしていくのです。

そんな好循環を作るために習慣化したいこと、備えておきたい植物のおまもりはこの3種類。

デリケートゾーンにこそ、専用の洗浄剤や天然素材のナプキンを

デリケートゾーンは女性の生命力と美しさの源、子宮と卵巣への入り口。体の中のどこよりも敏感で、本来は真っ先に配慮すべきなのに、隠れた場所にあるために後回しにしがちです。

けれど、ここを抜きに女性の健やかさは語れなくて、逆に大切にすれば美も健康も活気づく。好循環の土台であり、スタート地点です。

まずはデリケートゾーンに自然に備わった免疫力・常在菌を生かすため、専用に作られた自然由来の洗浄剤を選びましょう。常在菌が自浄作用をもっているので、ぬるま湯できちんと洗うだけでも十分。匂いが気になるかもしれませんが、じつはこの方が匂わないのです。

それから、ふだんよりさらに敏感度が増す生理のときは、天然素材のナプキンを。安心感でいえばオーガニックコットンの布ナプキンがベストですが、こまめに交換しないと子宮を冷やしてしまいますので、天然コットンの使い捨てナプキンが便利です。

アンティーム オーガニック byルボア アンティーム フェミニン ウォッシュ 100mL ¥2,160

ナチュラムーン 生理用ナプキン 多い日の昼用 羽なし 18個 ¥511、ふつうの日用 羽なし 24個 ¥511

アンティーム オーガニックはデリケートゾーン専用ソープの先駆けで、植物療法の第一人者による処方です。ナチュラムーンの生理用ナプキンは、トップシートに100%天然コットンを使用。ふんわり温かで、吸収性と通気性もバッチリ。

もちろん、ふだんの下着もできるだけ天然素材のもの、できればオーガニックコットンを選びましょう。

脳に「快刺激」を伝える、心地よいオイルやクリーム

手のひらの温もりと感触は、それだけでほっと寛ぐ心地よさ。なでるだけでも脳に快い刺激が伝わって、心と体が自然にゆるんで巡りがよくなり、肌にハリとうるおいをもたらします。

手のひらの感覚と皮膚の表面に意識を集中させるのがポイントで、心地よさを感じながら同時に冷たいところ、強張っているところがないかを探ります。

異変を感知したらそこに手を当て、温めたり、押したりさすったり。耳から首筋、デコルテ、バスト、脇、背骨のライン、ヒップなど、女性らしさを象徴するパーツはより敏感で、滞りやすくもあるのでさらに丁寧に。

植物の力と香りを生かした、お気に入りのオイルやクリームとともに。アンティーム オーガニック byルボア センシュアル マッサージオイル 100ml ¥4,860、ブレスト ケアクリーム 100g ¥6,480、ヒップ&レッグ ケアクリーム 100g ¥5,400

この習慣は不調の芽を摘み、病気の兆候をいち早くキャッチすることにも繋がりますから、もっともっと、日々自分の体を触りましょう。

最上の心地よさ、「うっとり感」を呼ぶ香り

子宮の奥がきゅん、となって頭の中は真っ白。体はとろけたように弛緩して、心はもう何もいらない、という幸福感でいっぱい。

そう、大好きな人と一体になったとき、もしくは赤ちゃんにおっぱいを吸われたときのあの感覚が、まさに心と体にとって最高に心地いい状態。そんなうっとり感、陶酔感に近づけてくれる香りが植物にはいくつかあります。

「催淫作用」と呼ばれる種類で、ローズ、ジャスミン、ナツメグ、サンダルウッド、イランイランが代表的。秋に香るキンモクセイ、初夏に香るガーデニア(くちなし)もそうで、その威力は無意識にふらふらと吸い寄せられてしまうほど。

左:トルコ産ダマスクローズを凝縮した、贅沢なネ・ラ・ローズの化粧水。80mL ¥12,960 ※写真は私物のため現状のパッケージとは異なります、 右:上質な老山白檀(サンダルウッド)をふんだんに使用。泥華香堂 紫翠の香り 蓮のお線香台付き 15g ¥3,780、手前:モンサンミッシェルの精油、ジャスミン(3mL ¥10,800)とナツメグ(5mL ¥2,808)

そういう香りをふだんから取り込むことで、女性としての生命力が高まり、体の内側からのうるおい力と心の安らぎを貯蓄できます。

どれも催淫作用をもつといっても、自分がうっとりするかどうかが肝心なので、実際に香りを試し、おなかの奥にビビビッときたものを備えましょう。

精油そのもののほか、好みの精油を配合したスキンケアコスメや入浴剤、これからの季節は趣のあるお香などもおすすめです。

秋は感受性を高めるのにぴったりの季節

温度と湿度のちょうどいい秋は、一年のうち体がもっとも楽に過ごせる季節。五感ものびのびと解放されますから、感受性を高めるケアを習慣づけるのにはぴったりです。

女性ならではの繊細さ、豊かさを楽しんで、年齢を重ねるほど魅力を増す女性を目指しましょう。

問い合わせ:

・アンティーム オーガニック byルボア http://intime-cosme.com

・デイカ ジャパン http://www.deica.jp

・ナチュラムーン http://naturamoon.jp

・ネ・ラ・ローズ http://www.neelarose.com

・モンサンミッシェル http://www.aromastore.jp

(神津まり江)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。