1. トップ
  2. 恋愛
  3. めざすは“愛され嫁”! 結婚前に実践すべき彼ママ攻略法

めざすは“愛され嫁”! 結婚前に実践すべき彼ママ攻略法

  • 2014.11.7
  • 1354 views

めざすは“愛され嫁”! 結婚前に実践すべき彼ママ攻略法

「男は多かれ少なかれマザコンだから、けっこう母親の意見に左右されちゃうのよね…」なんてグチを既婚の女友達から聞いたことはありませんか? 「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という諺があるように、結婚前から彼ママと仲良くなっておけば将来も安心! 今回は、“愛され嫁”になるための彼ママ攻略法を紹介します。

●彼ママ攻略の意外な味方とは?

彼ママがどんな人かを知るには、彼に質問するのが一番だと思っていませんか? 実はその考え方、ちょっと危険かも知れません。実の母親を客観的に見ることができる男性は意外と少ないのです。「あなたのお母さんって、どんな人?」とこっそりリサーチするつもりが、彼を通して彼ママに筒抜け…なんて可能性もあります。

そこで味方にしたいのが、あなたの母親。「彼ママとは会ったこともないのにどうして?」と思うかもしれませんが、あなたのお母さんだって、かつてはあなたと同じ立場だったのです。いわば、彼ママ攻略の大先輩。多くの場合、彼ママと同世代でもありますから、「彼ママが好きそうなもの」について良いアドバイスをくれるでしょう。

同じ母親同士ですから、「親として、わが子の結婚相手にはこうあってほしい」という想いにも共通する部分があるはず。

ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、ぜひお母さんに相談してみてください。娘の結婚相手やその家族のことは、お母さんだって気になるところ。大人の女性に成長したあなたの姿を見せることは、親孝行にもなります。

●彼ママの心をつかむ! 年3回のプレゼントと手書きの一筆箋

彼ママは、メールよりも直筆の手紙になじみのある世代。プレゼントをするときは、さりげなく一筆箋やカードを添えましょう。文面は短くてかまいませんが、文字は丁寧に。また、できれば彼と一緒に贈り、彼にも一言書いてもらうこと。男性が母親に手紙を書くなんて、幼稚園や小学校で書かされた母の日カードくらいのものでしょう。「息子が手紙をくれるなんて!」と感激されること間違いナシの必殺技です。

また、スペシャルなプレゼントを贈るのは、誕生日と母の日、旅行のお土産の年3回くらいを目安に。もちろん、誕生日と母の日が近い場合や、何か特別なイベントがある場合は、それに合わせて調整しましょう。あまり頻繁だと気を使わせてしまいますし、特別感も希薄に。お土産が多すぎると遊び歩いている印象を与えかねません。

記念日など、大切な日を毎年忘れずに祝ってくれることがどんなにうれしいか、同じ女性のあなたなら共感できるはず。ぜひ、心を込めた贈り物とメッセージで彼ママの心をわしづかみにしちゃいましょう。

●彼ママを落とすメール術

彼ママとのメールのやりとりは、気軽にできるぶん、どこで地雷を踏むかがわからないので緊張する人も多いはず。ポイントは「なれなれしすぎず、固くなりすぎず」ということ。最低限のマナーは守りつつ、文末に1~2カ所くらい絵文字や「(笑)」を入れると良いでしょう。

また、彼ママの趣味を考慮して、たとえばお花が好きな人なら、「この間、あそこでこんな花が咲いていてきれいでした」といった話題を1つ織り込むと好感度アップ。文章全体は短めにして、読むストレスを与えないように注意しましょう。短い文章でも、折々に送ることで「自分のことを気にかけてくれているんだな」と感じてもらうことが大事です。

絶対に忘れてはならないのは、「結局のところ、彼ママは息子が大好き」ということ。あなたしか知らない彼の話は、嫉妬のモトになりかねません。彼の小さいころの話や彼の好きなものなど、「彼ママに彼のことを教えてもらう」姿勢を崩さないように気をつけましょう。最終的に自分を“ライバル”ではなく“娘”のように感じてもらえればシメたもの! 以上を参考に、恐れず彼ママ攻略を進めてみてくださいね。

<文:中西 真理(ガリバープロダクツ)>