1. トップ
  2. 恋愛
  3. あまり会えないのに寂しがらない彼… 私のことが本当に好きじゃないの?【黒川伊保子】

あまり会えないのに寂しがらない彼… 私のことが本当に好きじゃないの?【黒川伊保子】

  • 2014.11.7
  • 1185 views

忙しすぎて、なかなか会ってくれない彼。女子からしたら、寂しいし不安になってしまいますよね。結婚前提で付き合っているけれど、この先を考えると思いやられてしまうという読者の悩みに、脳科学者の黒川伊保子さんが答えます。

【質問】

結婚前提に付き合っている彼がいますが、多忙すぎてなかなか会う時間がありません。平日も夜遅いし、土日も仕事のときがあるし、会えて1〜2週間に1回。ラインやメールも、なかなか返ってきません。好きだから会いたいのにすごく寂しいし、彼は自分ほど想いが強くないのかもと不安になります。「もっと会いたい」と伝えても、「それなら暇な男と付き合うしかない」と言われるし、このままだと結婚しても先が思いやられる…。本当にこの状態が辛くて。どうすればいいですか?

(27歳 医療関係)

【回答】

大好きだからこそ、四六時中、頭の中は彼一色だし、毎日でもいいから会いたい! というのが、恋する女子の特徴ですよね。そして、同じ想いを彼にも求めてしまう。分かります。

でも、男子は女子とはそもそも脳の構造が違うので、そういう考えにはなりにくいのです。男子の場合、彼女と会ったら時間軸がその時で止まってしまうので、2週間後に会ったらすぐに会ったように感じている。

つまり、彼女との時間はいったん冷凍庫に入れて凍結し、次に会う時に解凍するのです。2週間という時間が記号にしか過ぎなくて、彼の中ではあなたに対する気持は同じ。

けっして、会ってくれないから愛されていないというわけではないのです。私達の場合は仕事と恋人の時間軸が同時に動いているのですが、彼の場合は仕事の時間軸と彼女の時間軸は別。仕事になると、どんなに愛している女性でも一度退去させます。だから、女子と違ってあの朝もあの晩もあの昼も、私はひとりだったという積み重ねがないのです。忙しければ、その間はあっという間に終わっているの。

男性脳の機能からしてみれば、多忙な男子にとって2週間に1度のペースなら、頻繁に会ってるほうだと思いますよ。だから、決して愛されていないわけじゃないというのをきちんと自覚してください。そして、抜けてる時間のうらみつらみを感じさせると重くなってしまうので、要注意です。

■自分時間を思いきり充実させる

男子は待たれているのが大のニガテ。会っていない時間、彼女は彼女で充実してくれているというのが嬉しいので、夢中になれる趣味などを探してください。その2週間の間に、「私アラスカに行ってきちゃったー!」「えっ、まじ!?」くらいがちょうどいい。そういう女子なら飽きないでしょ。

もちろん、週末も必ず彼と一緒にいる必要はなく、彼が忙しそうならあなたも予定を入れちゃってください。「映画行ったの、ライブに行ったの、文楽観ちゃった〜」とか言ってウキウキしていた方が、そのうち、「誰と行ったんだよー」と気になるくらいになってちょうどいい。

まとめ:黒川伊保子が教える、幸せを呼ぶ脳のつかい方

女子は好きな人ができると彼の都合で日常生活を左右されてしまいがちですが、自分の人生は恋と一緒にちゃんと紡いでいかなくちゃいけません。彼に充実した時間を過ごしたことを生き生きと伝えながら、さらに愛してもらってくださいね。

毎週金曜更新

(安田光絵)