テレビで腸活にいいと話題の「スーパー大麦」ここがすごい!

「スーパー大麦」。テレビの健康情報に敏感な人なら、すでにチェック済みかもしれません。豊富な食物繊維量で、腸内改善に効果的であると話題の食材について、何がすごいのか、また実際どのようにとればいいのかを、わかりやすく紹介します!

大腸の奥まで届くスーパーフード「スーパー大麦」

ここ数年、白米ではなく食物繊維が豊富な穀類が話題です。玄米に始まり、大麦やもち麦などを白米の代わりに食べる人も増えました。また、ライ麦やオーツ麦などで作られたパンやグラノーラなども見かけるようになりました。食物繊維が豊富、つまりは腸の働きを助けてくれるということで、腸活ブームの今、さまざまな穀類に注目が集まっています。

そんななか、今回新たに登場したのが「スーパー大麦バーリーマックス」です。オーストラリア連邦科学産業研究機構が開発した機能性大麦で、多くの大麦品種から選び抜かれたHimalayaという原種を10年におよぶ品種改良ののち、優れた機能を持ちあわせる大麦として世に出すこととなりました。

いったい何がすごいのでしょう。スーパー大麦の成分特徴は以下の3つです。

・水溶性食物繊維の含有量が高い

食物繊維の中でも善玉菌のエサとなるのが水溶性食物繊維。

通常の大麦に対し、水溶性食物繊維は2倍、腸内のビフィズス菌のエサとなるレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)は4倍も含まれます。

・低GIである

GI(グリセミック・インデックス)とは、食後の血糖値の上昇度を示す指標のことで、GI値が低いほど、血糖値をあげにくい食材と言えます。

・ビタミンEやオメガ酸も豊富

抗酸化作用のあるビタミンEや、中性脂肪を減らすオメガ酸も含まれ、食物繊維が持つ機能以外の機能性成分を含有します。

1日12gの摂取で腸内環境が変化した!

そもそも、腸内環境を整えるためには、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を、食品から直接摂取する解決策が効果的であると言われてきました。しかし、摂取した善玉菌のほとんどは、酸が出る胃や小腸で分解・吸収されてしまうため、大腸の奥には届きにくいという研究結果もあります。

大腸の奥の善玉菌を活性化させるには、善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維やレジスタントスターチを積極的に摂ることが重要となります。そこでスーパー大麦の出番というわけなのです。

そこで、20~65歳までのやや便秘がちの健常者を対象に、スーパー大麦を1日12g、2週間継続的に摂取する実験を行ったところ、腸内環境が大きく変化したのです。

まず排便回数と排便量が増加し、整腸作用があることがわかりました。さらに、便中の短鎖脂肪酸の分析では、4週目に酪酸の増加傾向が認められ、腸内フローラ解析では、バクテロイデスという酪酸の増加に関係すると言われる細菌が4週目に有意に増加しました。

これらはつまり、スーパー大麦がレジスタントスターチを含むことによる結果と見られ、善玉菌のエサとして大腸の奥まで届き、腸内フローラにいい影響を与えている可能性を示す研究成果といえるのです。

今は、グラノーラとショートバー、レストランにて食べられる

これだけすごいスーパー大麦、どうやって入手すればいいの?

現在商品化されているものは「スーパー大麦グラノーラ」と「スーパー大麦ショートバー」のみ。まずはこれらで試してみましょう。また、現在東京にある糖質制限食専門レストラン「TI DINING」ではスーパー大麦を使用したメニューを提供中。ぷちぷちとした食感や食べごたえをぜひ感じてみて!

あとは、日常の食卓で手軽に使えるスーパー大麦ごはんなどが開発される日を待ちましょう!

腸の奥からの健康を考える研究会スーパー大麦の摂取による腸内環境や美肌への影響など、腸内の健康や美容に関する研究を行い、生活者にとって有益な情報創出を目指す。文/FYTTE編集部 写真/© lilechka75-fotolia.com

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。