ついOKしちゃう?あの人を誘う時に試してみたい『カチッサー効果』

『カチッ・サー効果』とは、自分がしてほしいことを要求するとき、何かしらの理由づけをしたほうが相手に承諾されやすくなるという心理現象のことです。このカチッ・サー効果は恋愛にも効く心理現象なんですよ!

 

『カチッ・サー効果』とは

『カチッ・サー効果』とは、自分がしてほしいことを要求するとき、何かしらの理由づけをしたほうが相手に承諾されやすくなるという心理現象のことです。

カチッ・サー効果という名前の由来は、テープレコーダーの再生ボタンを『カチッ』と押した後に流れる『サー』という砂嵐の音。テープレコーダーの再生ボタンをカチッと押せば流れる砂嵐の音のように、相手は条件反射のごとく要求を受け入れてしまうのです。

 

理由づけすると承諾されやすくなる

カチッ・サー効果を実証する、エレン・ランガーという心理学者が行った有名な『コピー機の実験』というものがあります。

図書館でコピーを取っている人に、先に5枚コピーさせて欲しいと頼みます。その際、次の3つの文言で頼み込みました。

①先にコピーを取らせてください

②急いでいるので、先にコピーを取らせてください

③コピーを取らなければいけないので、先にコピーを取らせてください

この3パターンの文言で頼んだ結果、①の承諾率は60%、②の承諾率は94%、③の承諾率は93%になりました。

要求の内容のみを伝えた①では承諾率が他に比べて低いですが、「○○なので」と理由づけをした②と③では、共に承諾率が90%以上になりました。

正当な理由である②だけでなく、理由として成立していない③でも高い承諾率です。

この実験でわかるように、同じことを要求するの場合でも、「○○だから○○してください」というように何らかの理由づけをした方が要求を受け入れられやすいのです。

 

デートのお誘いに使える!

カチッ・サー効果は恋愛にも利用することができます。たとえば、あなたが気になっている人をデートに誘いたい時、ただ「食事にいきませんか?」と言って誘うよりも、「美味しいラーメン屋さんを見つけたのだけれど、女一人だと入りにくいから一緒にいきませんか?」と言って誘ったほうが相手もOKしてくれる可能性が上がるわけです。

「好きな俳優が出ている映画が公開されたから一緒に行こう」「雑誌で紹介されていたお店が素敵だったから一緒に行こう」など、理由づけはどんなものでもいいのです。ようするにデートに誘う口実を作るというわけですね。

 

困難な物にはそれに見合う理由を

しかし、要求する内容が実現の難しいことである場合、理由づけもそれに見合ったものが必要です。先ほどのコピー機の実験でも、コピーする枚数を20枚に増やして実験したところ、①と③は承諾率24%、正当な理由づけがされている②でも42%と、がくっと承諾率が下がります。

なかなかデートの誘いをOKしてくれない相手には、要求する内容のハードルを大きく下げるか、相手が深く納得してくれるようなもっともらしい理由づけが必要です。

 

カチッ・サー効果は、上手く使えば恋の駆け引きを有利に進めることができます。もちろん恋愛のみでなく、仕事にも活用することができます。カチッ・サー効果を使いこなせれば、恋も仕事もうまくいくかもしれませんね。

 

(東雲ほたる/ライター)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。