世界にひとつだけのヘアゴムはいかが?DIYのすすめ

undefined

おしゃれ好きな女性にとって、ヘアゴムはこだわりたいアイテムのひとつですよね。いつものコーディネートも、ヘアゴムの選び方ひとつで印象はガラッと変わります。既製品もいいですが、とことんこだわりたいのなら自分で作るのがイチバン!

自分に合ったヘアゴムの作り方を紹介します。

■ヘアゴム作りには何が必要?

基本的な作り方をご紹介します。用意するものは、ヘアゴムの基礎となる「ゴム」の部分です。手芸用品店に行けば、つなぎ目の目立たない専用のものが売られていますよ。

また、台座付きのヘアゴムもあります。こちらは台座を用意する手間が省け、レジンやチャームを上に乗せるだけで作れるのがうれしいところ。ただし、くるみボタンやリボン付きのヘアゴムをDIYする場合には台座がない方が作りやすいですよ。

自分がどんなヘアゴムを作りたいのかをイメージして、それに合うものを購入しましょう。あとは、ボンドやチャームとなるものを用意すれば準備完了です!

■手作りヘアゴムの魅力

手作りの魅力はなんといっても、自分らしいヘアゴムを作れることでしょう。既製品ではなかなかイメージ通りのものがみつからない・・・という方にはうってつけです。

また、プチプラでお手軽に作れるのも魅力のひとつ。お店で購入するとなると、わりと値の張るヘアゴムですが、自分で作れば安価で大量に作れます。

失敗しても大きな損害にはなりませんから、何度でも挑戦することができますよ!

■誰でも簡単!くるみボタンを使ってみよう

undefined

出典:

pinterest

最初に、くるみボタンを使った簡単なヘアゴムの作り方を紹介します。用意するのはゴムとくるみボタンだけです。

まずは、くるみボタンの金具の穴にゴムをとおして、適度な長さで結びます。結び目を金具のところに合わせたら、結び目のところでもう一度結びます。これで出来上がり!

あとは自分に合ったチャームを選ぶだけで、自在にオリジナルのヘアゴムができちゃいます。

■「レジン」や「コットンパール」で高級感を演出!

undefined

出典:

pinterest

高級感のあるヘアゴムをDIYするなら、「レジン」や「コットンパール」を使ってみるといいでしょう。

レジンとは硬化樹脂のことで、透明な樹脂で好きなパーツを閉じ込めて固めることができる素材です。UVタイプは紫外線に当てて硬化させるだけなので、誰でも気軽に挑戦できますよ。

コットンパールとは綿をパールに似せたもの。ホワイトゴールドの上品な色合いと軽さから、ヘアゴムには最適の素材です。値段も200円前後で、手芸店で購入することができます。

■オリジナリティを出したいなら、断然DIY!

自分でヘアゴムを作るなんてきっと難しいんだろうな・・・と思っている方も多いはず。でも、実はヘアゴム作りはとっても簡単なんです。ほんの少しの工夫をすれば、世界にひとつだけのあなたらしいヘアゴムが出来上がりますよ!(Tomo♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。