『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ロバート・ダウニー・Jrからコメント到着!

全世界での興行収入が11億ドルを突破した、『アベンジャーズ』シリーズ最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、本日9月7日(水)より先行デジタル配信がスタート。それに合わせて、アイアンマン/トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrからコメントが届いた。

undefined

アイアンマンとキャプテン・アメリカが信念の違いから対立するようになるストーリーについて、「いかにもマーベルらしい発想だ」と言うロバート。「キャプテン・アメリカとアイアンマン、この二人が人間関係を裂いてしまう姿は誰も見たくないはずだよ。彼らの人間関係にはかなりの亀裂が伴うけど、そこからどうやって立ち上がるか、という発想は昔から大好きだよ。つまり、キャプテン・アメリカとアイアンマンの間に生じた亀裂の果てに、アベンジャーズのバランスは一体どうなってしまうのだろう?ということだね」と本作の隠れた見どころを明かした。

アイアンマンとキャプテン・アメリカの亀裂は、アベンジャーズを政府が管理することを提案するソコヴィア協定論争における意見の対立に端を発している。キャプテン・アメリカが政府の介入に反対し、アイアンマンは管理賛成派だ。ロバートはこれをヒネリの利いた大きな一歩ととらえている。「アイアンマンは自分が正しいと思って行動しているつもりなんだ。彼は、アベンジャーズによる戦いの巻き添えで息子を亡くした女性と出会い、そのことについて深く考えさせられるんだ。そしてアベンジャーズが関係して引き起こされたこれまでの被害を振り返り、自分の立場を理解した上で、予想外の行動に出る...つまり保守的な立場を取るんだ」と、アイアンマンの心理を説明。

劇中では衝突してしまうアイアンマンとキャプテン・アメリカだが、ロバート自身はクリス・エヴァンスのことを完璧なキャプテン・アメリカだと見なしているという。「クリスの身体能力はトップクラスだよ。キャプテン・アメリカはこのユニバースに登場させることが最も難しかった唯一のキャラクターだけど、クリスは『キャプテン・アメリカ』の過去2作や、『アベンジャーズ』の過去2作、そして今回もまた、それをやってのけている。彼は自分があれほど人々から愛されたことについて、とても驚いたはずだよ」

ロバートは最後に、本作で「とにかく自由で共同作業的な感覚に戻れたこと」を楽しんだことを明かした。「私がそもそもこのメンバーに加わった理由がそこにあるからね。今ではものすごく大規模な作品になったけど、それでも結局のところ、私がアイアンマンというキャラクターを心から楽しんでいるという事実に尽きるんだ」と、アイアンマンとマーベル作品への愛を語った。

ロバートがその言葉通り楽しんでいる様子が伝わるNGシーン集を、当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載中。彼のほか、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、アンソニー・マッキー、ジェレミー・レナー、ポール・ベタニー、そしてマーティン・フリーマンなどの失敗が紹介されているのでお見逃しなく!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、本日9月7日(水)より先行デジタル配信。9月16日(金)にはMovieNEX(4,000円+税)発売、ブルーレイ&DVDレンタル開始となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
(C) 2016 MARVEL

元記事を読む
提供元: 海外ドラマナビの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。