シリコンって本当に髪に悪い?シャンプー選びに大切なこと

みなさんはシャンプーに含まれる「シリコン」について考えたことはありますか?

最近では、ノンシリコンシャンプーのおかげで「名前は知っている」なんて人も多いかと思われますが、実際どんなものなのかご存知でしょうか。シリコンってなんとなく髪によくない気がするけど、正直よく分からないという人の方が多いのではないかと思います。

そこで今回は、美容師の筆者がシャンプーのシリコンについてご説明します。きちんと理解した上で、シャンプー選びができるといいですね!

■シャンプーに入ってるシリコンってなに?

簡単にいいますと、シリコンは頭皮を外的刺激や汚れから守り、髪の毛を包み込んで手触りを良くしてくれるものです。

しかし一方で、それが頭皮に残ったり、髪に残ったりしてしまうと、頭皮の炎症や抜け毛などの原因になるともいわれています。よい効果の反面、多少なりともデメリットがあるシリコンですが、日本のシリコンはとても優秀だと思います。実際に「生理活性*が低いため、ヒトを含む生体への毒性が小さい」といわれています。

ノンシリコンシャンプーが爆発的にヒットしたため、シリコンは髪に悪いものだと感じている人は多いと思いますが、一概にシリコンは髪に悪いものだとはいえないのです。

*生理活性……簡単にいうと「化学物質が人に対して作用する」という意味です。

■シリコンよりも界面活性剤が大切だった!?

シリコンは基本的に害はありません。

豊胸に使われていたり、調理器具に使われていたり、中にはお顔のパックやクリームに使用されているものもあるくらいです。

ではなぜ悪モノ扱いされているのか? それはシリコンとともに配合されるようになった、安価でアタック性の強い「界面活性剤」が原因だと考えています。

一般市場に出ているシャンプーに配合されている界面活性剤の多くは、「家庭用食器洗剤の洗浄成分を薄めたような界面活性剤が使用されている」なんて解釈にいたるようなものまであります。

シャンプー選びで大切なのはシリコンの有無よりも、この界面活性剤にポイントがあると考えています。

■じゃあどれを使えばいいの? おすすめのシャンプーは担当の美容師さんに聞こう!

昔は美容師さんが「トリートメントは流しきらないで少し残し気味にしてくださいね、手触りよくなるので」なんていってた時代がありました。

また、最近では少なくなりましたが、朝シャンや美容室みたいに1日2回シャンプーするのが一般的な時代もありましたね。

しかし、想像してみてください。家庭用食器洗剤を薄めたようなシャンプーでしっかり洗って、頭皮に刺激やダメージをあたえてしまい、その上から超コーティング力のあるシリコンがかぶさる……この繰り返しが毎日頭皮や髪の毛でおこっているのです。

シャンプーをしっかりやり過ぎてる上にトリートメントは残してしまっているというのは、悪循環だと感じませんか?

そして、さらによ〜く考えてみてください。これがもしノンシリコンシャンプーだった場合を。

ただアタック性の強い洗浄成分で洗って、何も保護されていないという状態になるのです。ノンシリコンがいい、というわけでもなさそうですね。

シリコンの有無だけでなく、界面活性剤やその他の成分なども含め、自分の使っているシャンプーはどんなものなのかをきちんと把握しましょう。市販のシャンプーだけでなく、担当の美容師さんにちゃんとオススメのものを聞いてください。それが一番いいシャンプーかもしれませんよ。

(AIJI)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。