「チョコレートって本当に体にいいの?」――その質問に答えます!

今までチョコレートと言えば「ニキビができる」や「太る」イメージが多かったですよね。しかし、最近では健康にいいと評判になってきています。

でも、こんなにおいしいものが健康にいいの? 本当に食べちゃって大丈夫? と疑問に思っている人は、チョコレートの知識をしっかりとつけておくと安心して食べることができますよ。

週1のチョコレート摂取で記憶力がアップ?

アメリカの研究チームは40年にもわたるリサーチで、最低でも週1でチョコレートを食べている人の記憶力がよく、脳の機能とリンクしているとの報告がありました。また、チョコレートをまったく食べない人と比べると、メンタル的にも安定しているそうです。

日々の生活にも違いがあり、年齢により忘れがちな「なにをしようとしていたか」といったことや、「なにを買おうとしていたか」といったタスクも忘れにくくなる人が多いそうです。

チョコレートのカカオが重要

チョコレートに含まれるカカオは体にいい影響を与えてくれる成分が含まれています。血管を強くし余分なコレステロールを排除、さらに抗酸化作用もあり嬉しい効果がたくさんあります。カカオに含まれる「フラバノール」がこのような作用を体に与えてくれるため、チョコレートが健康にいいと言われているのです。

注意したいのはカカオの成分維持!

健康にいいからと言って、チョコレートの質を考えずに食べすぎるのはよくありません。健康にいいのはあくまでもチョコレートに使われている“カカオ”です。製造工程でたっぷりのミルクや砂糖、またはその他の甘味料や余分な植物油脂の使用が多い場合は、食べすぎればニキビや肥満の元になります。これらの商品はカカオに含まれる大事な成分「フラバノール」も消し去ってしまいます。

ダークチョコレートで我慢?

カカオの成分を維持するためにも、なるべく手にとるチョコレートはミルクや砂糖をあまり使っていない商品が望ましいです。もちろん、どれも食べすぎれば健康を害してしまうし、依存にもなりやすいので週に1度か2度ほどがベストです。

しかし、なかにはあの苦い味が苦手な人もいますよね。そんな人は自分でカカオやココアを使ってチョコ風味のスムージーを作るのがおすすめ!

朝食にミネラルたっぷりのチョコ風味スムージー

カカオにはマグネシウムや鉄・カリウムが含まれミネラルも豊富です。そんな栄養満点なカカオですが、じつはスムージーにすることができるのをご存じですか? カカオやココアのパウダーを使うので、手軽にスムージーができておすすめです。

用意するものはカカオorココアを大さじ1、バナナ1本とアボカド2分の1、さらにアーモンドミルクや豆乳を適量用意してミキサーで混ぜるだけです。

エネルギーとなるバナナは甘味を与え、森のバターともいわれる栄養豊富なアボカドはカカオの苦味にまろやかさを与えてくれます。苦味をおさえた簡単なスムージーが作れ、朝から栄養をしっかりとれます。1日のはじめにとることで、頭が冴えて仕事も家事もはかどりますよ。ぜひ週に一度や二度はカカオを摂取してみてはいかがでしょうか?

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。