髪の量が多すぎる…ボリュームをおさえるデイリーケアとは

セットしてもどうしてもまとまらなかったり、湿気に反応して広がったり・・・。髪に必要以上のボリュームが出てしまうと、なかなか理想のヘアスタイルにならずに困ってしまいますよね。そんなお悩みを解決してくれる、髪のボリュームをおさえるためのデイリーケアについてご紹介します。

■ドライヤーは、「上から下」が基本!

乾かし方ひとつでも仕上がりに違いが出ます。タオルドライでは髪を包み込むようにやさしく水分をふき取りましょう。髪の毛のキューティクルは根元から毛先に向かってうろこのように重なっているため、ドライヤーをかけるときは、キューティクルの流れに沿って上から下に向かって風をあてることが大切です。

下から上に向かってあてるとキューティクルがささくれだった状態になり、髪はぼさぼさの印象になってしまいます。最後はドライヤーを温風から冷風に切り替えて、髪を冷やします。

このひと手間でキューティクルがしっかり閉じて、ツヤとまとまりのある髪に仕上がります。

■乾燥は禁物!たまにはリッチなヘアパックも

髪の毛がぼさぼさに広がってしまう大きな原因のひとつに、髪の毛の乾燥があります。痛んでキューティクルが開き、水分を失った乾燥ヘアは、ボリュームが出やすくスタイリングもしづらくなってしまいます。

そんな乾燥ヘアを修復・予防するためにも、毎日しっかりと髪を保湿してあげましょう!

まず、痛みと乾燥が気になるときは、毎日のトリートメントを2回行います。週末には少しリッチなヘアパックで集中補修してあげればなおよしです。ドライヤーの前の濡れた髪に使えるトリートメントやオイルも、キューティクルの保護とボリュームダウンに効果的です。

■ブラシは天然素材を選ぼう

毎日使用するブラシやコームも見直してみましょう。静電気が発生しやすいプラスチック素材だと、ブラッシングのたびに髪の毛がダメージを受けてしまうため、静電気の発生しにくい天然素材のものを選ぶのがおすすめです。

つばき油やあんず油などをしっかり染み込ませたツゲの櫛は、静電気も発生しにくく、とくたびに髪に適度な油分が与えられてボリュームダウンに一役買ってくれます。

このほか、ブラシの毛にトルマリンを配合したイオン毛を使ったブラシなど、ボリュームをおさえたい人のための製品は、いろいろありますよ。

■美容師さんに相談するのもアリ!

髪の量がもともと多く、扱いにくさを感じているときには、ヘアカットをする際に美容師さんに相談するのもおすすめです。髪が多いといっても、生え方は人によってさまざま。

実は、左右で髪の量が違うなど自分ではなかなか気がつかないことも多いものです。量が多いからといって髪をとけばいいわけではなく、髪質やスタイルによってはといたことによって余計に髪が広がる場合もあります。

プロの美容師さんにボリュームダウンしたいと相談すれば、毎日のスタイリングがしやすいカットを提案してくれるはずです。縮毛矯正やストレートパーマと日頃のケアを併用する方法もありますね。

■毎日の積み重ねが美髪をつくる

タオルドライやドライヤーのやり方を少し変えるだけでも、髪の毛のツヤやボリュームは変わってくるものです。毎日の小さな積み重ねを大切にして、まとまりある美しい髪を手に入れたいですね。(yukiko♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。