1. トップ
  2. 恋愛
  3. 9月はもっとも子供が生まれる月!逆算したら出産ラッシュの理由が見えてきた?

9月はもっとも子供が生まれる月!逆算したら出産ラッシュの理由が見えてきた?

  • 2016.9.4
  • 105202 views

(c)shutterstock

厚生労働省が調査発表している月別に見た近年の月間出生率によると、「9月生まれが最も多い」って知っていましたか?

2004年から10年間の統計結果を見ると、ほとんどの年で、9月だけが突出しているのがわかります。

一体なぜなのか……。

 

そこで、月間出生率トップ3も見てみました。

【1位】9月
【2位】7月
【3位】4月

 

……ン? これってもしかして……!?


妊娠から出産までの期間は、約10か月。逆算してみると、

【1位】出産 9月……妊娠 11月
【2位】出産 7月……妊娠 9月
【3位】出産 4月……妊娠 6月

11月、9月、6月。共通点はないですが、こんな理由からだったりはしないでしょうか。

★11月は程よいタイミングで祝日(2回)があるため心身に余裕が出る→残り2か月を切り仕事もプライベートもラストスパート→♡
★夏の猛暑では食欲も性欲も減る→少し涼しくなる9月に食欲も性欲も復活→♡
★梅雨シーズンの6月→外出が減る→自宅で過ごす時間が増える→♡

 

そういえば昔、世界で大規模な停電があったとき、10か月後は出産ラッシュだった、という話を耳にしたことがあります。つまり、気候の変化や生活スタイルで、必然的に妊娠・出産の時期のタイミングが重なる……という話もあるかもしれない、と。

とはいえ、これはあくまでも想像の範囲内の話ですが。

 

ところで、同じく厚生労働省「人口動態調査」のデータ(2014年)による「月間の結婚数」トップ3の結果が、また興味深い!

【1位】11月
【2位】3月
【3位】12月

(おそらく)妊娠月トップ、そして結婚月トップが同じ11月!

偶然だと思いますが、11月には何かあるようですね。そして2位&3位には、新生活が始まる前月(3月)と1年の締めくくり(12月)と、“節目の月”が続きました。

 

そんなわけで、出産ラッシュの9月、少し疎遠になっている知人・友人の出産を耳にして、お互いがあまり気を遣わずにすむ贈り物をお探しの方に、小ネタをひとつ。

こんなかわいいぬいぐるみ付きの電報(e-denpo)があるそうです。

世界中で愛されているスージー・ズー「ブーフ」のぬいぐるみ。やわらかな手触りで、受け取る人もきっと笑顔に。ぬいぐるみ電報 スージー・ズー/¥4,550(税別)
くたくた感とお手玉サイズがかわいい、ペアセットのモンチッチの電報も。ぬいぐるみ電報/お手玉モンチッチセット¥3,100(税別)

幸せは連鎖するもの……幸せになりたい女子のみなさん、他人のおめでたい瞬間をお祝いして、自らのハッピーへとつなげていきましょうね(と、自分にも言い聞かせ)。(石井有秩)

 

の記事をもっとみる