今こそ飲むべき!冬のイメージがある夏のドリンク3選

夏も後半となりましたが、まだまだ暑いので冷たい飲み物が手放せませんよね。でもつい飲み過ぎて、夏冷えや夏バテを起こしていませんか?

ココアやゆず茶、白湯などは冬に活躍する飲み物のイメージがあると思いますが、実は夏バテ予防や疲労回復効果があり、夏にピッタリの飲み物なんです!

そこで今回は、その3つの飲み物が夏におすすめな理由をご紹介します。最近なんだか調子が優れない……なんて人はぜひ取り入れてみてくださいね!

■冷え緩和&お腹ゴロゴロ・ピーピーを防止!「アイスミルクココア」

ココアといえば冬を代表するホットドリンクですが、夏はアイスミルクココアがおすすめ。ただ美味しいだけでなく、冷えを緩和する効果もあります。

森永製菓が発表している麦茶とアイスココアの比較実験によると、アイスココアはあまり冷えを感じることなく飲めることが分かっています。

普通、麦茶などの冷たい飲み物を飲むと人の身体の表面の温度が低下しますが、アイスココアは、その低下の程度が麦茶よりも小さかったそうです。

また、牛乳とココアを一緒に飲むことでお腹の不調が起きにくいことも同実験で分かっています。

冷房による冷えやお腹ゴロゴロ・ピーピーを防ぎながら飲めるアイスミルクココア、ぜひ夏の一コマに取り入れてみましょう。

■夏の疲労回復&美肌に!「アイスゆず茶」

ゆずといえばお風呂に浮かべて入る冬至の習慣や、ゆず茶にしてぽかぽか温まるのに活用するなど、冬のイメージが強い果物。

クエン酸などの疲労回復効果のある成分が含まれているといわれているため、実は夏疲れ対策にはピッタリ。そして紫外線が強まる夏には、ビタミンCによるシミ・そばかすを予防する効果があるというのも見逃せません。

ゆず茶はアイスにして、夏も積極的に飲みたいですね。

■夏バテ予防!「白湯」

夏の水分補給といえば、ミネラルウォーター。でも、たまには白湯にして飲んでみるのも良さそうです。

ツボブームを巻き起こした鍼灸師の邱 淑恵さんによると、冷たい水は身体が冷え免疫力が低下し、体調をくずしやすくなるため白湯か常温の水を摂るのがいいのだそう。白湯を飲むことで胃腸の調子が良くなり、夏バテしにくくなるそうですよ。

長時間冷房の効いた部屋で過ごしたときなどは、キンキンに冷えた水ではなく白湯にして、身体の調子を整えるのも良さそうです。

いかがでしたか? ぜひこれらのドリンクで暑い夏を美しく元気に乗り切りましょう!

(LBR編集部)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。