永遠に美しい!「いつもの細身パンツ」を最高に素敵に見せる方法

ガウチョパンツやワイドパンツをはじめ、なんとなく最近、ゆったりしたシルエットのボトムがトレンドとなっています。

しかし、トレンドがどうであろうとも、やっぱり「細身パンツ」で颯爽と歩く姿は、時代を問わず色褪せないかっこよさがあります。

そんな「細身パンツ」スタイルは、海外セレブやスタイリストなどのおしゃれプロがお手本。『Oggi』10月号よりご紹介します。

 

【1】シックな色合わせで…「ケンカジ」スタイル

ベーシックな服を重ねたシックなスタイルのお手本は、トップメゾンのランウェイを飾るモデル、ケンダル・ジェナー。柄や派手色を使わずに、シックカラーのみに限定した色づかいがポイントです。

パンツは大人っぽいグレーデニム。サイドに向けて色が濃くなるタイプでシャドー効果を狙いましょう。トップスは縦ラインを強調すべくロング丈。靴はパンツとつながる濃い色&とんがりトウのシンプルなショートブーツを選ぶことで、最強のスラリ脚に仕上がります。

 

【2】黒パンツをヘルシーに…「ジジカジ」スタイル

お手本はスーパーモデル、ジジ・ハディッド。永遠の定番でもある黒パンツを、白スニーカーで今っぽくアレンジするのが基本です。

パンツはセンタープレスの黒というベーシックなアイテムを選んだぶん、トップスは遊び心あるディテールもの(写真の場合、インド製のプリントキャミ)を差すことで個性を楽しみましょう。そして靴はミニマル&フラットな白スニーカー。膨張色の白をスニーカーで使うことで、脚がさらに細く見えます。足首をちらりと見せることで、女っぷりも忘れずにアピール。

 

【3】肌見せトップスで…「さやカジ」スタイル

そして最後は『Oggi』をはじめとしたファッション誌で活躍するスタイリスト・川上さやかさんの名前をとった「さやカジ」。首・手首・足首などの細いパーツを見せることが、スタイルアップの秘訣です。

デニムは脚にフィットする、ブルーのストレートデニム。トップスは、首元が詰まっていると幼い印象に見えてしまうこともあるので、シャツにせよニットにせよ、デコルテ見せは必須。

そして靴は8cm以上のヒールがある、肌から浮かないスエードパンプス。視線がすっと流れるとんがりトウがベターです。

 

どうせ細身パンツをはくなら、さらなるスタイルアップを狙いたいもの。トレンドをモノにするのも楽しいけれど、自分に似合って美しく見せてくれる、「自分スタイル」を研究するのが大人のおしゃれ。「自分スタイル」を持つ3人から、是非学んでみてくださいね。(後藤香織)

 

★詳しくは『Oggi』2016年10月号(小学館)に掲載

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。