キーワードは「あかさたな」!接待でも、上司にも。おじさまが喜ぶ会話テク

接待中のメインは食事中の会話。友達や恋人とのお喋りとは違う、大切なお客様との会話になりますが、前回の記事では聞き役に回って相手に気持ち良くなってもらいましょう、とご紹介しました。

でも、具体的にどうやって聞き役に回りながら会話を盛り上げればいいの? 相手に気持ち良くなってもらう会話って……? と思う方も多いはず。

 

そこで今回は!

接待に使える会話テクニックをご紹介します!


キーワードは「あかさたな」! これさえ覚えてくれればバッチリです。

では、具体的な使用シーンを交えながら「あかさたな」フレーズをご紹介していきます!

これを読んだ方が、接待前の緊張や、どんよりした気持が少しでも無くなることを願っています!

 

◆「あ」:「あぁ!」感嘆詞でリアクションを大きく!

<おすすめ使用シーン>

相手:最近は朝活をしようと思って。朝に英会話を習うことにしたんだ。

自分:あぁ!朝は集中力が高くて勉強に最適って聞きますね。私はつい夜型の生活をしがちなので、見習いたいです。

<気をつけたいポイント>

どんなシーンにも使いやすいため、つい頼りがちなフレーズになりがちですが、使いすぎても大げさすぎて効果が薄れてしまいます。会話中のアクセントとして使うように心がけてください。

 

◆「か」:「かっこいいです!」自慢話はストレートにお褒めの言葉を!

<おすすめシーン>

相手:自動車を最近買い換えて。初めて外車を買ってみたんだ。

自分:外車ですか!颯爽と乗りこなしている姿を想像しただけでかっこいいです!

<気をつけたいポイント>

「かっこいい」……分かりやすい褒めフレーズです。分かりやすいからこそ、

感情はしっかりと込めて下さい!

棒読みチックになってしまうと本当にそう思ってくれているのか?と相手が不審に感じてしまうかもしれません。

 

「さ」:「参考にします!」人生経験豊かな先輩の話は、非常に勉強になります!

相手から何かをおすすめされたときに使ってみてください。

<おすすめシーン>

相手:ハイボールは糖質が低くて、おすすめだよ。。

自分:ハイボールって糖質低いんですか、私も健康に気をつけたいんで参考にします!

<気をつけたいポイント>

相手が発言したどの部分を参考にするのか、復唱すると効果が倍増します。

「ミラーリング効果」と呼ばれるもので、相手と同じ動作や発言をすることで、親近感や好意を抱かせる働きが期待できるそうです。

 

 

「た」:「たまらないですね!」相手に同意を求められたときに使いましょう!

相手の意見は否定せずに、肯定する。キホン中のキホンです。

<おすすめシーン>

相手:この写真、うちの愛犬なんだ。かわいいだろ?

自分:つぶらな瞳がたまらないですね!かわいいです!

<気をつけたいポイント>

「たまらない!」と思った理由を的確に話すことで効果が倍増します。

 

「な」:「なるほど!」手を叩きながら感情を示しましょう!

「たまらない!」に引き続き、肯定シリーズ第2弾。相手が持論を展開したときに使ってみましょう。

<おすすめ使用例>

相手:この業界は10年後にはこんな需要が生まれて、こんな風に発展していると思うよ。

自分:なるほど!おっしゃる通りです!そこで御社の新製品が活かされる場所が増えてくるんですね!

<気をつけたいポイント>

「なるほど」という言葉は敬語ではありません。「なるほど」という言葉に続いて丁寧な表現も忘れずにつけましょう。

使用するタイミングは、接待が始まってある程度打ち解けて来た雰囲気をしっかり見極めることをおすすめします。

 

「あかさたな」の使用シーンを簡単にご紹介しましたが、とにかく接待中は会話を聞く側に徹して、意見を否定しないことさえ出来ればOK!

そうすれば自然と「あかさたな」フレーズが出てくるはずです。

 

そして、

大切なのは笑顔を忘れないこと!

あまり難しく考えすぎて表情が固くなってしまうと、どうしても会話がぎこちないものになってしまいます。逆に、笑顔は最大の武器!ちょっぴり会話が苦手でも笑顔を忘れなければ明るい雰囲気になるはずです。

 

アルコール愛好会は、これからもお酒と付き合う皆さんをあの手この手でドンドン応援していきます!(ます子)

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。