DIYもできる!今人気のリボンラリエットをコーデのアクセントに

今年人気がリバイバルしているチョーカー。

シンプルなものからチャームが付いたものや懐かしいタトゥーチョーカーなどが流行しています。

チョーカーはシンプルながらコーデのアクセントになり、セクシーな魅力もありますよね。

そんな中、同じ首元につけるアクセサリーのラリエットもブームになっているんです。

 

1今人気のラリエットって?

今年人気がリバイバルしているチョーカー。

シンプルなものからチャームが付いたものや懐かしいタトゥーチョーカーなどが流行しています。

チョーカーはシンプルながらコーデのアクセントになり、セクシーな魅力もありますよね。

そんな中、同じ首元につけるアクセサリーのラリエットもブームになっています。

ラリエットとは留め具のないひも状になっているアクセサリーで、ウェディングでは頭に巻き付けて使われることもあります。

ひも状なので腕や足首など色々な所に巻くことができ、様々な使い方があるのですが、やはり首に巻いてネックレスのように使うのが一般的です。

 

2超簡単&安価にDIYできる!

チェーンのラリエットやビーズのラリエットなど、素材も色々ですが、今人気なのは革紐で自作するリボンラリエットです。

ラリエットは紐状なので、手芸屋さんや100円ショップで革紐を購入すれば、簡単にDIYできちゃいますよ!

作り方はとっても簡単!手芸店や100円ショップで1m程度の革紐を購入し、あとは首に巻き付けるだけ!作るどころか、1m程度の紐があればそれがアクセサリーになっちゃうんです!

それだけだとあまりにもシンプルすぎるので個性を出したいという場合は、紐にビーズやボタンを通したり、紐の先にメタルパーツをつけたりしてアレンジしてみましょう。

よく見かけるのは黒の革紐のラリエットですが、茶色いスエードのリボンや幅広の布製リボンなども可愛いです。

100円から数百円で簡単にDIYできるので、ハンドメイドが好きなら色々な色・素材、パーツの組み合わせで作るのも楽しいですよ。

 

3巻き方次第で雰囲気も変わる!

完成したラリエットは首元を2周してキュッとリボン結びにしたり、紐の先をそのまま垂らしたり、チョーカーと重ねづけしたり、いくつものパターンのつけ方が楽しめます。

チョーカーに飽きてきたなら、かわりにラリエットを首もとに結んでみては?

 

なんだか今日のコーデが物足りないな、と感じたら、リボンラリエットをキュッと結んで。巻き方次第で雰囲気も変わります!

 

 

(東雲ほたる/ライター)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。