ロックギタリストMIYAVI、燃え上がる愛とビート【後編】

ニューアルバム「Fire Bird」がついに完成(2016年8月23日撮影)。(c)MODE PRESS/Shogo Takebayashi ‹BARK in STYLe›

アーティスト/ギタリストのMIYAVIは、あらゆる面で比類のない存在だ。「セレッソ大阪」のジュニアユースにも所属した経歴、中性的な顔立ち、体中に刻まれた漢字のタトゥー、スラップ奏法によるパーカッシブなステージ、ハリウッド俳優としての顔、そして一番意外なのは彼の「家族愛」の部分ではないだろうか。公式SNSには愛らしい娘たちの写真が頻繁に投稿され、「一番大切なのは、家族と過ごす時間」と公言をはばからない。

ロックスターであり父親であるMIYAVIは、ツアーなどで家族と離れている間もスカイプで頻繁に会話するという。「いつでも悩んだり相談したくなったりしたら、俺のところに連絡できるようにしています。どんどん娘たちも自我が芽生え始めていて、そういう意味でも彼女たちの成長を見ていくのが本当に楽しい」。シャープなルックスをもちながら笑顔で語るそのスタンスは、日本の人気ミュージシャンとしては珍しい例だ。

■最大のクリエーションは、子供

「俺は教育こそが人類にとって最大のクリエーションだと思う」とMIYAVIは断言する。「音楽も映画も、いかなるものすべてはそこに集約する。教育とはすなわち、子供たち。子供たちとは、未来。未来とは、俺たちの明日であり、希望。極論、そこに尽きると思うんです」。それが普通でない社会に対してむしろ違和感を抱くとMIYAVIは語る。

2014年に「教育と創作のため」に引っ越したLAでは、家族と仕事を同じラインに置くことが当たり前だった。「俺はそれが人の在り方だと思うし。何のために仕事してるのか?何のために生きてるのか?っていう部分で、本当の意味で、もっと本能的でありたい」

アメリカではビジネス相手ともファミリーパーティーをするのが普通だ。「アンジー(Angelina Jolie、映画出演作の監督を務めたアンジェリーナ・ジョリー)や向こうのエージェントにも、家族と仕事の垣根はない。音楽も結局、何のためにやってるのかと言えば、誰かに伝えるため。それは自分のまわりの人たちであり、世界中の人たち。そして自分のまわりの人たちと世界中の人たちは繋がっているし、そうあるべきだと感じています」

■それでも惚れさせる自信がある

MIYAVIにとって子供から得たインスピレーションを作品にしたり、子供に対して自分の作品を投影していったりすることは至って自然なことだ。そこに自分自身が没頭していくことに対して何の違和感もなく、むしろそういうアーティストでありたいと言う。

「バキバキにとがって、まだまだ攻めていくし、そこらへんのぬるい奴よりもシビれる音楽やってるつもり。でも家族は家族。もちろんマーケット的には切り離したほうが楽だったりもするけど、それでも俺に惚れる子は惚れるだろうし、惚れさせる自信はあるんで」

人にはさまざまなフェーズがあるが、結婚したことでMIYAVIの表現と人間性は深みを増した。そしてそこに魅了されたファンも多いだろう。「そういう国であってほしいし、そういうふうな国に俺はしたいから。そのためには、自分がしっかりした音楽を作って、しっかりとした家庭を持つことが必要だと思います」

■よりエクストリームな未来へ

インタビューの中でMIYAVIは「結局は人なんで」と何度も口にした。彼の中にボーダーはない。それは、ロックスターと父親、ミュージシャンと俳優、日本と世界、そんなあらゆる垣根を乗りこえてきたMIYAVIならではの説得力なのだろう。

「俺達の子供たちの時代は、もっともっとエクストリームになると思う。テクノロジーのおかげで、自分の中のキャパシティーをもっと自由に使えるようになっている。だからたとえば医者になりたい、アイススケートの選手になりたい、空手の選手になりたい、といった夢をどれも叶えられる時代になってくるんじゃないかな」

■ニューアルバムに込めた想い

8月31日にリリースされたニューアルバム「Fire Bird」には表題曲をはじめ、配信シングルとして発表された「Afraid To Be Cool」「Raise Me Up」など10曲を収録する。さらに9月19日よりスタートする全国ツアー”NEW BEAT, NEW FUTURE”について「常に時代はビートと変化していくものだと思っているから」とそのタイトルの由来を語る。

1年4か月ぶりに発表する新作では「自分は歌において、シンガーに比べると表現力にリミットを感じてしまう。そういう意味で俺は腐ってもギタリストなので、今回はギターで歌うということが大きなチャレンジだった」

15歳のとき初めてギターを触った瞬間、オーディエンスの前で自分がプレイしている光景が見えたというMIYAVI。「今はもっと大勢の人たちの前で弾いているビジョンが見える」と自信をのぞかせる。

さらに今後の夢は、まさにグローバルで愛に溢れた彼ならではのものだ。「何十年後かになるかもしれないけれど、教育につながることがしたいですね。アンジーみたいな人を間近で見ていると、何のために生きているのか?なんのためにそこに存在するのか?そういうことをすごく考えさせられます」

MIYAVIの熱い愛とビートは、これからも私たちを熱狂させるだろう。「今年の夏もまた新たな変革のときになると思う」。そう語る彼は、まさに火の鳥のように新たな神話を生み出そうとしている。この新時代のアイコンは、あらゆる意味で世界を揺さぶり続けるに違いない。

【アルバム概要】

・「Fire Bird」(初回限定版)〔CD+DVD+特典ブックレット〕発売中/5378円/Virgin Music/TYCT-69105

・I「Fire Bird」(通常版)〔CD〕発売中/3240円/Virgin Music/TYCT-60089

■関連情報

・ロックギタリストMIYAVI、訪れた変革のとき【前編】

・MIYAVI 公式HP: http://myv382tokyo.com/

元記事を読む
提供元: MODE PRESSの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。