山あり谷ありで当たり前!? 彼と数年後も仲睦まじく一緒にいる方法3つ

よく恋愛のドキドキは3年までと言います。この3年を過ぎると、ふたりの関係は浮足立ったものから、落ち着いた関係にシフトするとか。

それだけではなく、付き合いが長くなってくれば、ふたりの関係も大きく変わってきますよね。彼の仕事の責任が増すかもしれませんし、仕事上の付き合いで交流関係が変わる可能性も。

「恋人と長く付き合う」ことは一見当たり前なことに思えて、実は難しいことなのかもしれません。

そこで今回は、数年後も彼と仲良く一緒にいるために、交際中に意識したいことをまとめてみました。

 

欠点ではなく長所に目を向ける

付き合って3年も経てば、相手の良し悪しが大まかに見えてくると思います。たとえば優しいけど優柔不断、ユーモアがあるけど、弱腰で意気地がないなど。

結婚も視野に入ってくるため、「彼がもうちょっと●●だったら……」と不満を持ってしまうことも出てくるはず。

ましてや関係が深まってくると、お互いにすっかり気を許しているので、ついワガママになってしまうことも……。でも、どんな人でも何かしらの欠点はあります。

彼のイヤなところが目につき、彼に対する不満が大きくなってきたら、一度付き合った頃の関係を思い出してみましょう。

あなたが欠点だと思うことも、第三者から見れば「優しくて誠実なら、言う事ないじゃん!」「気を遣わない相手が一番だよ!」と、羨ましがられるかもしれません。

欠点よりも長所に目を配って、彼の良さを再確認してみて。そうすれば付き合いが長くなっても相手への気持ちは変わらず、彼への特別感はますます増していくでしょう。

 

嫌なことは許してあげる

付き合っていれば、相手が仕事やプライベートで悩むこともあるでしょうし、それに伴い、ふたりの関係がチグハグになってしまうこともあるかもしれません。

でも、それをきっかけに、彼に対して嫌悪感を抱いたり、不快感を示してしまうと、ふたりの関係は険悪になり、最悪破局してしまう可能性もありますよね。

「人生山あり谷あり」というように、それは交際にも同じことが言えます。

彼の気分が優れない時もあって当然ですし、デートが退屈と感じることもあるでしょう。

それでも変わらない態度で接してあげることができれば、彼はあなたへの愛情がさらに深まるはず。相手をどう許して、どう妥協して付き合っていくかは、交際を長続きさせる大事なポイントです。

 

相手を信頼してあげる

付き合いがうまく行かなくなる原因は、意外と自分の気持ちのなかにあったりするものです。

たとえば、●●のこんなところがイヤとか、●●が全然返事を返してくれないとか。ひょっとして、ほかに好きな人が出来た? と、疑ってしまうとか。

ネガティブな感情が心の中から湧き出てくると、彼に対して疑問を抱いてしまい、関係がうまく行かなくなってしまうことがあります。

付き合いで大事なのは、いかにふたりの信頼を高めて、愛情を確認し合えるかです。

ネガティブな感情よりもポジティブな感情を意識できた方が、彼もあなたと付き合っていて居心地の良さを感じるはず。結果的にふたりの関係も順調に進んでいくでしょう。

 

こう考えてみると、誰かと付き合うのって、意外と大変なことが分かるのでは?

好きという気持ちあっての恋愛。でも、交際時にこうしたポイントが意識できると、彼と数年後も順調に付き合えるかもしれません。

 

(柚木深つばさ/ライター)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。