1. トップ
  2. 恋愛
  3. “現代アメリカの縮図”ともいえる問題で世界を震撼させた話題作が日本初上演!

“現代アメリカの縮図”ともいえる問題で世界を震撼させた話題作が日本初上演!

  • 2016.8.30
  • 3717 views

2013年ピュリッツァー賞受賞、2015年トニー賞(BEST PLAY部門)ノミネートと、ニューヨーク、ロンドンを震撼させた話題作「DISGRACED/ディスグレイスト-恥辱」が、ついに日本初上演!

“disgraced”とは、辱める、地位や名誉などを失わせるの意味。現代アメリカを舞台に、パキンスタン系アメリカ人の男と白人の妻、ユダヤ人の男とアフリカ系アメリカ人の妻という異なる背景をもつ4人が揃そろったホームパーティーで、それぞれの信仰と社会政治の言葉の応酬はやがて驚くべき結末に繋がり、会話の表面から露呈される「人間の本質」を描いた作品。

9月10日に初日を迎える本舞台には、小日向文世さん、安田顕さんら日本を代表する実力派俳優たちが出演。その最新稽古場レポートが到着しました!

<稽古場レポート/8月中旬、都内稽古場より>

8月中旬、舞台「ディスグレイスト-恥辱」の稽古場。

この日は、第三幕・パキスタン系アメリカ人の弁護士・アミール(小日向文世)のアパートメントで彼の白人妻、画家・エミリー(秋山菜津子)のホイットニー美術館での展示決定を祝うパーティーの場面。彼女の絵を招聘したのは、白人のユダヤ人キュレーター・アイザック(安田顕)。パーティーの参加者は彼らに加え、アミールと同じ事務所に所属するアフリカ系アメリカ人弁護士・ジョリー(小島聖)。

平穏と成功の中から稽古はスタート。稽古場にはピリリとした空気が流れる。演出・栗山民也によって創り出される舞台上の“フィクション”が、大がかりな場面転換の無い構成も相まって、自らもパーティーの参加者であるような“リアル”な感覚として、脳内に入り込んでくる。

物語は、アミールの甥・パキスタン生まれのアメリカ人・エイブ(平埜生成)が持ち込んだとある相談から動き始める。ひとたび狂った歯車は、水面に投げ入れた小石のように波紋を広げ、いつしか全員を巻き込む荒波と化していく。

一言、また一言と放たれるたび、引き返せたはずの瞬間を誰も気づかぬまま通り過ぎ、取り返しのつかない荒波と化していく。立場が違えば本来異なるはずの「正義」の定義が共通のものとしてこの世界を覆っている現実の「嘘」が、舞台上で曝け出されていく。胸をえぐられるような感覚になる。

男性と女性、イスラムとユダヤ、白人と有色人種。舞台上に、スピード感を持って世界の縮図が映し出される。本作のキャッチコピー「日本を代表する俳優陣が挑む!」に恥じぬ重厚な雰囲気は、開幕までまだ数週間ある稽古からも感じられた。

(撮影:矢野智美)

「DISGRACED/ディスグレイスト-恥辱」

作:アヤド・アフタル

翻訳:小田島恒志・小田島則子

演出:栗山民也

出演:小日向文世 秋山菜津子 安田顕 小島聖 平埜生成

■東京公演:2016年9月10日(土)~25日(日)@世田谷パブリックシアター

■名古屋公演:2016年9月27日(火)@日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

■兵庫公演:2016年9月30日(金)~10月2日(日)@兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

http://www.disgraced-stage.com

[主催・製作]テレビ朝日、産経新聞社、ヴィーブル、パソナグループ

[企画制作]パソナグループ