1. トップ
  2. レシピ
  3. 組み合わせて効果UP!ヤセ菌が喜ぶ「美腸アイス」レシピ2つ

組み合わせて効果UP!ヤセ菌が喜ぶ「美腸アイス」レシピ2つ

  • 2016.8.28
  • 7135 views

暑い季節に美味しいものといえば、やはりアイスクリームです。ビューティーフードの定番である、バナナとアボカド、そしてヨーグルトを使って作れば、ヤセ菌の喜ぶ美腸アイスクリームが出来上がります。そこで今回は、美味しく食べて腸を整えることもできる! 混ぜるだけ簡単の美腸アイスクリームレシピを2つご紹介します。

■組み合わせて美腸効果UPの理由

(1)ヤセ菌の好物をイン

「短鎖脂肪酸」は、ヤセ菌と呼ばれる日和見菌の仲間やビフィズス菌が、水溶性食物繊維を発酵・分解する際に生れる成分で、総合的に肥満を予防する働きが期待されています。バナナとアボカドをアイスクリームと組み合わせれば、水溶性食物繊維の多いフルーツなので、ヤセ菌が喜ぶアイスクリームになります。

(2)ヤセ菌の助っ人をイン

いくらエサが届いても、腸内環境がすでにあまりよくない場合には、ヤセ菌が元気に働くことができません。そこで、ヤセ菌の助っ人となる乳酸菌やビフィズス菌をヨーグルトでプラスします。食べものから摂った善玉菌は、腸内に住み着くことはできませんが、腸に留まっている間は、先に腸内に住んでいる善玉菌とともに働きます。

■混ぜるだけ簡単!美腸アイスクリームレシピ2つ

・バナナアイスクリーム

バナナ1本に対し、ヨーグルトを大さじ1~2加え、とろみがでるまでしっかり混ぜ合わせます。冷凍庫で冷やし固めて出来上がり。クルミやシナモンを添えて食べると、一段と美味しくなりますよ。

・アボカドアイスクリーム

アボカド1/2個に対し、ヨーグルト大さじ1~2、ハチミツ大さじ1を良く混ぜ合わせ、冷凍庫で冷やし固めて出来上がり。

<作り方のポイント>

・水気が少ないヨーグルトの場合には大さじ2、水気が多い場合には大さじ1が目安です。

・固める際には、シリコン型や製氷皿を使うと取り出しやすくなります。

バナナもアボカドもヨーグルトも、どれも身近な食材ですから、夏のおやつに美腸アイスクリームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)