1. トップ
  2. 恋愛
  3. Facebook社が、ネコ派とイヌ派のデータ分析結果を公表!

Facebook社が、ネコ派とイヌ派のデータ分析結果を公表!

  • 2016.8.25
  • 12467 views

去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派を比較した独自の分析結果を発表しました。

データの収集対象となったのは、タイムラインでネコ、イヌそれぞれの写真をシェアしているアメリカ在住の16万人。その内容は恋愛傾向から好みの映画までさまざまです。

人懐っこいイヌ派、クールで群れないネコ派。そんなステレオタイプ通りの結果が出ました。

平均すると、イヌ派のほうがネコ派よりも、Facebookでの友人が26人多いことが判明。前者のほうが、より積極的に他者と関係を築きます。一方、ネコ派のほうが頻繁にイベントへ招待される傾向あり。

また、当然のことながら、イヌ派はイヌ派と、ネコ派はネコ派と友だちになりやすいようです。

イヌ派のシングル率が24%に対して、ネコ派は30%。前述した26人の誰かが、イヌ派に素敵なパートナーを紹介するのかもしれません!ちなみに、高齢女性だけでなく、若い女性や男性の独身者も多いという意外な結果に。

ネコ派は、本やTV、映画などインドアなモノが好き。特に『ハリー・ポッター』や『ホビット』などファンタジー系を好みます。一方、イヌ派は医療モノやリアリティー番組、『食べて、祈って、恋をして』『親愛なる君へ』のような恋愛モノが趣味。

ネコ派は都会に住み、田舎にはイヌ派が多い。とはいえ、これはイヌがのびのびと過ごせるのが田舎だからという側面もあるでしょう。

ネコ派は、ポジティブ、ネガティブに関わらず、あらゆる感情を表現。しかし、イヌ派は、興奮や誇りを表現することが多い。

Licensed material used with permission by Facebook