1. トップ
  2. スキンケア
  3. 今すぐ教えて! 日焼けをした時のスキンケア対策

今すぐ教えて! 日焼けをした時のスキンケア対策

  • 2016.8.23
  • 3556 views

日焼けは放っておくとシミや老化の原因に! 日焼けしてしまった時の正しいスキンケアの方法や後に残さないための対策をご紹介します。

 

日焼けしちゃったらまず冷却と保湿!

夏の強い日射し、日焼け止めを塗っていたけど焼けちゃった、ということはありませんか?

日焼けは実は火傷と一緒。ひどくなると赤くなったり、水ぶくれになったりすることもあるんです。

赤みが出てきている場合は、ほてりを抑えるために冷やしておきましょう。そしてできるだけ保湿を心がけます。

といっても、無理なスキンケアは肌の負担になりますので、刺激の少ない化粧品をセレクトしてください。

おすすめは、アロエのたっぷり含まれたゼリー状のローションや、スプレー式の水分が中心の化粧水。適度に冷却と保湿ができるスグレモノです。

 

身体の中からも日焼けのケアを

日焼けしてしまった後は、肌がダメージを受けて、身体の中では活性酸素が大量につくられている状態です。

活性酸素から細胞を守っているのがメラニンです。

そのため、活性酸素をそのままにしておくと、メラニンがつくられていき、シミやしわの原因となってしまいます。

そこで、活性酸素を除去する抗酸化物質を摂り、身体の中からもケアしていきましょう。ビタミンCやビタミンEなどは、酸化を防いでくれる物質。

日焼けしてしまった後の数日間はたっぷり摂るように心がけてください。

 

肌の状態が落ち着いてきたら美白対策を

日焼けの直後は、肌がとても弱っている状態ですので、肌に負担をかけずに保湿をすることが大切です。

数日経ち、肌が落ち着いてきてから美白化粧品でケアをしましょう。

美白化粧品には、メラニンの生成を予防し、できてしまったメラニンを還元するはたらきがあります。

またターンオーバーを整えることによって、早く排出させることもできます。念入りにケアを行うと同時に、さらに日焼けを重ねないよう、注意しましょう。

 

日焼けのダメージを最小限に防ごう

もし日焼けしてしまっても、正しくケアを行えば、ダメージは最小限にとどめることができます。

間違っても薄皮を向いたりしないように。

やさしくケアをして、もとの肌を取り戻しましょう。

睡眠や水分補給など、身体の環境を整えることも忘れないでくださいね。

 

(如月リサ/ライター)