1. トップ
  2. メイク
  3. 痛い→”綺麗”へ!28歳からの大人な「チーク」の選び方・入れ方は?

痛い→”綺麗”へ!28歳からの大人な「チーク」の選び方・入れ方は?

  • 2016.8.21
  • 31011 views

 アイテム選び

パウダーチークを使おう

リキッドチーク・クリームチーク・クッションチーク・・・近年さまざまな形態のチークが多数登場しているので、気になる気持ちはわかります。
だけど、色の濃淡の調節をしやすいのはやっぱりパウダーチーク。
ふんわり優しく仕上がるし、ファンデーション必須のお肌に最もなじみます。

色選び

シックにまとめるならベージュやコーラルピンク

「大人」だからこそ似合うメイクをしたい方にピッタリなカラーはベージュやコーラルピンクです。
オフィスシーンでも浮くことなく、まさに「綺麗なお姉さん」一直線なカラー。

ピンク派さんはビビッドなカラーを避ける

「いつまでも可愛くいたい」そんなオトナ女子のマストカラーと言えばピンク。
28歳を過ぎたら、ビビッドな色味は避けて、ややくすみのあるモーヴピンクや大人の色気漂うローズピンクをチョイスしましょう。

口紅と色を合わせる

大人の女の鉄則は色を使いすぎないこと。
リップカラーと色味を合わせれば、綺麗にメイクがまとまります。

入れ方

シャープに入れる

シャープに入れるのはベージュ系だけではありません!
ピンク系でもオレンジ系でも、どんな色味のチークでも斜め上に向けて頬を引き上げるように入れましょう。
たるんだフェイスラインをすっきり見せてくれます。

シェーディング風に入れる

トレンドを意識する方はこれ!
ベージュ系のチークをシェーディングの要領で入れましょう。
顔色が悪くなるのが心配な方は、黒目の真下とチークのスタート地点が重なる位置に、ポンと先のおすすめカラーチークをひと置きすれば解決です。

色を主張させるのではなく顔色が良くなるように入れる

若いころは、チークの発色重視でしたよね?
しかし、大人のチークは「足りない色」を補う程度がベター。
ファンデーションにより失われた頬の血色を加えなおすイメージで、入れてるか入れていないかわからない程度に入れましょう。

いつまでも、若い頃のままのメイクはNG!
アイメイクは意識的に大人へと移行をするものですが、チークはどうでしょうか?
「痛い」ではなく「綺麗」なお姉さんを目指しましょう。