1. トップ
  2. レシピ
  3. 暑い夏のお助けごはん フレッシュトマトの冷製パスタ

暑い夏のお助けごはん フレッシュトマトの冷製パスタ

  • 2016.8.19
  • 7939 views

暑い夏は、火を使った料理はなるべくしたくないですよね。今回ご紹介するパスタソースは、切ったトマトをボールの中で調味料と混ぜるだけなので、ソースを作るときに火を使いません。

さらに、パスタを茹でるときにも火を使わないコツがあります。

私は沸騰した湯の中にパスタを入れてひと混ぜしたら、ふたをして火を止めてしまいます。

数分後、パスタ同士がくっついてしまっている場合もあるので、さっとふたを開けてひと混ぜ。

そしてふたをして、また放置。そうすると、時間がくれば…ちゃんと茹で上がってるんです。

パスタメニューは手軽なので、夏休みのお昼ご飯として作りやすいのですが、10分くらいパスタを茹でないといけないのが難点。 でも、この方法なら、夏でも気軽にパスタを作れます。

■フレッシュトマトのパスタ

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

<材料 2人分>

スパゲッティ 160g

トマト 1.5個(小さめなら2個)

<調味料>

おろしにんにく 少々

はちみつ 小さじ1

塩・こしょう 適量

オリーブ油 大さじ2

<作り方>

1、トマトは1cm角の角切りにする。

2、ボウルに1のトマト、おろしにんにく、はちみつ、塩・こしょうを入れて混ぜ合わせる(塩は少し強めがおいしい)。

3、オリーブ油を少しずつ入れ、混ぜ合わせる。オリーブ油とトマトの汁が混じり合って、とろりとしたらOK。

4、1%の塩を入れて沸かした湯に、スパゲッティを入れ、ふたをして火を止める。

スパゲッティ同士がくっつかないように、時々ふたを開けて混ぜながら、表示時間になるまで放置する。

5、茹であがったら冷水にとり、水気を切る。

6、器にスパゲッティを盛り、ソースをかける。

ちなみに、以前このパスタを作るときに、にんにくを入れ忘れてしまいました。すると「あれ? あまりおいしくない?」というようなぼんやりした味に。そのとき以来、にんにくの威力はすごいなあと、思うように。

栄養面でも、にんにくは魅力的です。独特のあの臭い成分は、体のエネルギーを生み出すビタミンB1の働きを助けて、疲労回復や夏バテ予防に役立つといわれています。にんにくを食べるとスタミナがつくといわれるのは、このため。

猛暑日続きで疲れがたまりやすい体には、にんにくを取り入れたメニューがおすすめですよ。

(長 有里子)