1. トップ
  2. グルメ
  3. 幹事必見!みんなに愛されるBBQ・4つの特徴

幹事必見!みんなに愛されるBBQ・4つの特徴

  • 2016.8.17
  • 1630 views

お盆が明けましたが、これからでも夏を満喫するために、BBQでもしようかな、と考える人も多いですよね。

そんな時に気になるのが「バーベキューの費用」。いくらが妥当なのかわかりにくいし、満足できるバーベキューの場合、いくらぐらいから「高い」もしくは「安い」と思うのでしょうか。

これまでの夏休みにお金を散財していた場合、なるべくなら安めに済ませたいですよね……。

そこで今回は2016年のBBQの4つの特徴についてご紹介します。参考にしたのは、日本ハム株式会社が運営する「BBQ GO!」の調査結果です。

 

■BBQの4つの特徴……費用、サービス、場所、理想のスタイル

まずは費用について。いくらぐらいから「高い」もしくは「安い」と思うのか聞いてみました。

Q.満足できるバーベキューの場合、いくらぐらいから「高い」もしくは「安い」と思いますか?

「高いと感じる」【女性300人】:3,000〜3,900円、78人 【男性300人】:3,000〜3.900円、73人
「安いと感じる」【女性300人】:1,000〜1,999円、168人 【男性300人】:1,000〜1,900円、124人
妥協できる金額【2015年調査】3,000円→【2016年調査】2,9oo円

PSM分析(※1)により、消費者がしょうがないと妥協できる費用帯を算出したところ、約2,900円となり、昨年の約3,000円を下回る結果となりました。(※1)商品やサービスの最適な価格を設定・決定するマーケティング分析手法

低価格で楽しめるBBQスポットが全国に増えたことや、根深いデフレ・マインドの影響などが原因なのかもしれませんね!

 

続いて、バーベキューを実施する場所を選ぶポイントについて聞いてみました。

Q.今後、バーベキューを実施する場合、どのようなポイントで場所を選びますか?

1位:設備が充実している249票
2位:自然に溢れた場所241票
3位:食材・飲料や道具・用品を自由に持ち込む事ができる 220票

場所を選ぶポイントのTOP3は、設備の充実度、自然に溢れた場所、自由に持ち込みできること、となりました。これらの特長を兼ね備えたものは、都内にも続々とオープンしてます。この傾向はますます強まるかもしれません。

 

場所を選ぶポイントが分かったところで、人気のロケーションについて、聞いてみました!

Q.今後、バーベキューを実施する場合、どのようなロケーションがよいですか?

1位:川・河畔314票
2位:海・海岸266票
3位:山間・林間・高原 253票

やっぱり強い、バーベキューと言えば定番中の定番である「川・海・山」。根強い人気が続く結果に。一方で、「水上・船上」にも注目です!

せっかくBBQをするなら自然を感じたいとは思いますが、気になるのが虫さされや日焼けの問題。自然を感じつつも、虫の心配がなくなる場所として「水上・船上」が注目を浴びていきそうですよね!

また、都内ではクルージングバーベキューの人気が年々高まっているとのこと。BBQの雰囲気をさらに豪華にしてくれるかもしれません。

最後に、最近のBBQスタイルについて聞いてみました。

Q.どのようなバーベキュースタイルが好みですか?

1位:シンプルに野外焼肉バーベキュー322票
2位:女性も喜ぶサイドメニューが豊富なパーティーバーベキュー220票
3位:アメリカやオーストラリアなどBBQの本場スタイルのバーベキュー 167票
4位:塊肉など食材にこだわったプレミアムなバーベキュー159票

1位は、シンプルにヤギ焼肉バーベキュー、続く2位は女性も喜ぶパーティーバーベキューでした。

一昔前はバーベキューと言えば野外で焼肉オジサンが主役といったイメージが強かったですが、都市部を中心に昨今では様変わり。仕切るのも女性で、並ぶ食材・メニューも女性が喜ぶもの、といったバーベキューシーンは珍しくなくなってきています。

もはや「BBQなら焼肉とビールがあればOK」という先入観は無くなってきていると言えそうです。場所から食材まで、どれも個人の好みで、どこまでも凝ることができる「進化系BBQ」の登場も待ったなし、かもしれませんね。

また、BBQは普段の飲みの場よりも急接近できる機会も多いことから、恋活の場としても活用されるようになってきています。

 

今年の残りの夏は、自分のこだわりをたくさん詰め込んだBBQで素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。(かすみ まりな)

情報提供元:日本ハム株式会社「BBQ GO!」