1. トップ
  2. グルメ
  3. 時差ぼけを”0”に!海外旅行を最高に楽しむための12の行動

時差ぼけを”0”に!海外旅行を最高に楽しむための12の行動

  • 2016.8.12
  • 2219 views

1.機内で眠るように心掛ける

西に行くと1日が長くなるので旅行初日が疲れやすいです。
旅行先の時間に飛行機の中で切り替えて、機内で眠るように心掛けましょう。

2.睡眠タイプによって時差ぼけの差がある

早く寝て、朝早く起きる人にとっては、リラックスして過ごすことが難しくなります。
夜型で朝いつも寝ぼけている人の方が時差に馴染みやすいです。
規則正しい生活をしている人は特に注意!

3.水分補給をする

飛行機では水をたくさん飲みましょう。
機内はとても乾燥します。体が乾燥すると時差への対応力も落ちてしまいます。

4.コーヒーは控えめに

旅行当日と次の日はコーヒーを飲む量を制限した方が良いです。
旅行先によっては1日が長くなることも。
そんな日は飛行機でしっかり寝ないといけないので、最後の食事の時にコーヒーを飲んで目覚ましをするなどタイミングを考えて!

5.昼寝はしないで!

旅行先に着いたら、お昼寝をしないほうがいいです。
もしお昼寝をするなら20分以内にしましょう。頑張って夜が来るのを待ちましょう。

6.食べ物、飲み物を上手に選ぼう

朝に着くのなら、最後の食事は炭水化物を取りましょう。
夜に着くのなら、最後の食事はたんぱく質を取りましょう。

7.睡眠薬を持っておこう

寝ないといけない時間帯に寝ることで、スッキリ過ごせることができます。眠気と起床時間のバランスを保つ1つの方法です。
病院で処方してもらえる薬もあります。

8.機内で動こう

機内で1時間ごとに足を伸ばすため席を立ちましょう。
少し歩いたりすると時差ぼけを防ぎやすくなります。

9.日光を浴びる

日光は体内リズムを整えるのを助けます。

10.ハーブティーを飲む

夜に眠気が来ない時はハーブティーを飲みましょう。
ラベンダー、メリッサ、カモミール、ルイボスティーが効果あります。

11.朝食をしっかりとる

朝一の良い食事は1日のリズムを取り戻すのを助けます。
内臓の働きも良くしエネルギーを補給できます。

12.さくらんぼを食べる

さくらんぼに含まれる成分が眠気と戦うと言われています。
もしホテルバイキングにあったら朝食に食べましょう。

時差ぼけを防ぐために、ぜひ実践してみてくださいね。