1. トップ
  2. 恋愛
  3. お盆明けは婚活市場が活発に!年内に出会いたい男女は6割以上

お盆明けは婚活市場が活発に!年内に出会いたい男女は6割以上

  • 2016.8.12
  • 7527 views

株式会社Diverse(東京都渋谷区、代表取締役社長:津元啓史 )が運営する「ユーブライド」は、2016年8月3日~8月5日まで、サイト上で603人の男女向けにアンケートを行い、ユーザーの結婚意識を調査した。

調査対象は20歳~49歳までの現在婚活中の男女。

■結婚の理由は、男性はこころの支えを、女性は生活の安定を求める傾向

結婚したい理由は、男性1位が「家庭がほしいから(43.8%)」に対して、女性は「安心、安定したいから(41.8%)」が1位を占める形になりました。男性の方が精神的な支えを結婚に求め、女性は家庭に安定の形を求めている傾向があった。

Q. あなたが結婚したい理由は何ですか?

【男性】

1・家庭がほしいから(43.8%)

2・安心、安定したいから(25.4%)

3・寂しいから(17.2%)

【女性】

安心、安定したいから(41.8%)

家庭がほしいから(23.9%)

子どもがほしいから(21.4%)

■結婚への意識は「仲の良い夫婦や家族を見た時」に高まる

結婚を意識する瞬間の1位は、男女ともに「仲の良い夫婦や家族を見た時」(男性 30.1% / 女性 29.9%)だった。

■結婚するなら「年内に出会いたい」人が6割以上

婚活中の男女の内「今年中にいい人に出会いたい」と考えている人は男性60.4%、女性67.7%と高く、結婚までにどれ位の時間をかけたいかは男性としては「1~2年」が39.6%と高く、女性は「1年以内」が42.8%。

女性の方が結婚までの道のりに対する敷居が低い結果となった。

■夏~年内はアプローチに最適な時期

お盆で帰省し結婚の話を切り出されるのはストレスとはいえ、兄弟や友だちの家族を見て、改めて結婚を意識する人も増えると推測される。年内に出会いたいという回答が多いのも、一年の区切りがくる前に環境を変えたいという強い意識が反映されていると言えよう。

今回のアンケートでは、実際に夏~年内にかけて、結婚への意識が高まっている人が多くいることが示唆された。よりいっそう結婚へ向いている可能性が高い時期、アプローチがしやすいタイミングと言えるのではないか。

【参考:株式会社Diverseのプレスリリース

 

(愛カツ編集部)