1. トップ
  2. レシピ
  3. 【究極の選択】焼き鳥はタレ派?塩派?支持されたのは…

【究極の選択】焼き鳥はタレ派?塩派?支持されたのは…

  • 2016.8.10
  • 1330 views

8月10日はやきとりの日とのこと。言わずもがな「や(8)きと(10)り」の語呂合わせから来ているものです。

今の季節ならビールに焼き鳥、そして枝豆。もうこれさえあればいいです。ごはんのおかずにも、酒のつまみにもぴったりな焼き鳥。

老若男女問わず愛される焼き鳥ですが、同じ焼き鳥と言えど、ある大きな派閥に分かれますね。

そう。

タレ派か。

塩派か。

というわけで、Woman Insight編集部がタレ派か塩派、どちらが多いのかを調査しました!

Q.やきとりは、タレ派? 塩派?

タレ派 36%

塩派 45%

選べない! 19%

(有効回答数 239票)

というわけで、かなり競りあった結果……

塩派の勝利です!

「塩のほうが素材そのものの味をいただける」「塩のほうがおいしい部位が多いと思う」という声もあれば、「タレはそのお店ならでは!の味が楽しめる」「やきとりと言えば小さい頃からタレ」という声も……結論として、どっちも美味しいんですけどねっ!

個人の主観を述べると、砂肝やぼんじりなどは塩が美味しいけれど、つくねなどはタレ一択……と、部位によって「こっちがおいしい!」というものは違うような。つくねとタレ、そして卵黄やチーズなどが一緒に絡むのをぺろりといただくのは至高の時間……ああ、焼き鳥食べたい。そうだ今夜は焼き鳥にしよう。(後藤香織)