そのマスカラ大丈夫!?美まつ毛のためにチェックしたいマスカラ成分3つ

化粧品の中でもマストアイテムの一つと言えるマスカラ。しかしひとくちにマスカラとは言っても、ボリュームがウリのものやウォータープルーフのものなど様々なタイプや成分のものがあります。みんながまつ毛に求めるポイントとは一体どんなものなのでしょうか?

■マスカラはコスメの中でも必須アイテム

株式会社ネイチャーズウェイの調査によると、「普段マスカラをよく使いますか?」という質問に対し、「はい」80%(777名)、「たまに使う」18%(176名)、「いいえ」2%(14名)と、マスカラを使わない人は皆無であることが明らかになりました。また、「マスカラにのぞむことは?」という質問に対し、「長さ」37%(357名)、「ボリューム」34%(331名)、「落ちにくさ」14%(135名)という結果になりました。さらに、マスカラを使用する際に気になることは「有害そうな成分が入っていないか」、「美容成分が入っているか」、「まつ毛に負担がかからないか」、「落としやすいか」、「色素沈着しないか」などで、目に近い部分に毎日塗るものであるだけに、マスカラに含まれている成分が気になるという声も少なくないようです。 

■なりたいまつ毛別おすすめ成分

(1)まつ毛ケア成分

目力に重きを置くメイクが主流ゆえに、マスカラの重ね塗りやまつ毛エクステが原因で「まつ毛が傷む」、「まつ毛が抜ける」といった素まつ毛の悩みが増えている昨今。キューティクルを補修したり、保湿成分が配合されているものを選んで、マスカラを塗りながらまつ毛をケアすることができそうです。

(2)ロングラッシュ成分

まつ毛が痛んで、短くなってしまっているのが悩みの人にとってありがたいは、やっぱりロングラッシュ成分。長さを出すタイプのマスカラを塗布する場合は、ロングファイバーや繊維が軽量なものを選ぶことで、重ね塗りをしてもまぶたに負担がかかる心配が軽減できるメリットが。

(3)お湯で落とせる成分

マスカラを塗るにあたって気になるのは、塗るときだけではなく、落とすときも同じ。クレンジングを使わなくてもお湯で落とせるタイプのものを選ぶことで、メイクを落とす際にまぶたをこすらなくても良く、まぶたにとってのダメージを回避することができます。目元の皮膚は薄く、毎日のメイク落としで目元をこすってしまうと皮膚にとって確実にマイナスだからこそ、美肌のためにもお湯で落とせる成分は逃したくないところ。

毎日欠かさず塗るものだからこそ、自分の肌や瞳にとって相性が良く、求める効果と合致するものを選びたいものですね。(前田紀至子)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理