夏バテ期は「ボディメイク食」で代謝をアップ!|朝の呼吸とダイエット Vol.53

おはようございます!ピラティス&ボディメイク・トレーナー の柳沢とも子です。

私は夏でも重層やアルカリ剤での洗濯派なんですが、最近、お洗濯の除菌と気分転換として、ティートゥリーのエッセンシャルオイルを一緒に数滴入れています。スーッとした香りがとっても気持ちいいですよぜひオススメです☆

さて、汗をかいたり夏バテ時期が近づいてきました。寝苦しくて疲れが取れにくくなるので、代謝が低下しがちになりますね。 今週は、『夏バテ期の代謝をアップする食事!』 を一緒に心がけていきましょう。

夏の代謝をあげるダイエット食とは?

夏季は、運動量が増えたり、冷房と外気の温度差から体温を一定に保つためにエネルギーを多く消費します。にもかかわらず、食事があっさりしたものが多くなり、そのため体力低下、代謝低下がが起こりやすくなります。

代謝が低下してむくみ、たるみがひどくなるこの時期、運動しようとしてもなかなかそんな元気も出ない時は、“たんぱく質がたっぷりの食事” を心がけて、脂肪の燃焼を食事で促していきましょう。

たんぱく質といえば、お肉やお魚ですが、豆腐や納豆など豆類にも植物性のたんぱく質がたくさん含まれています。

冷やし納豆蕎麦やトウモロコシごはん、冷奴、鶏ハムなど、今週はタンパク質がたくさん摂取できるメニューにして、夏のダイエットと仲良くしていきましょうね。

まだまだある!タンパク質以外に疲れを予防してくれる食べ物

疲れやすい季節なので、季節のモノ、栄養の高いものを意識して食べるとよいでしょう。特に、ビタミンB1は、糖質の分解を助ける効果があるので、タンパク質とのコンビは最強!以下の食材たちは、たんぱく質と同様に夏のキレイを助けてくれます。

豚肉、うなぎ、大豆、たらこ、ほうれん草など

ビタミンB1

夏野菜のビタミン
トマト、ゴーヤ、おくら、モロヘイヤ、とうもろこしなど

クエン酸
梅干し、レモン、グレープフルーツ、オレンジなど

今日から早速、日常生活でムリなくできるキレイの習慣をとりいれてくださいね♪

今日も朝の呼吸とダイエットを読んでくださってありがとうございます♡キレイの秘訣は“意識と継続”

どうぞ今週も、健やかな毎日をお過ごしください^^柳沢とも子

<< 前回の記事 『ずん胴ウエストがくびれる!”ながら”エクササイズ』 を読む

※撮影協力:ダイエット・姿勢改善でキレイに アライン ピラティス (代々木公園)

元記事を読む
提供元: 朝時間.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。