1. トップ
  2. 恋愛
  3. 口以外への“不意打ちキス”に男は胸キュン【スイーツ真壁の甘くない話】

口以外への“不意打ちキス”に男は胸キュン【スイーツ真壁の甘くない話】

  • 2016.8.8
  • 3140 views

“スイーツ真壁”としてバラエティ番組でも大人気。新日本プロレス所属のプロレスラー、真壁刀義さんが、今度は“甘さ”を一切脱ぎ捨てて、近頃の恋愛に一言モノ申す!

小耳に挟んだところ「絶賛“嫁”募集中」という真壁さんですが、聞けば聞くほど、こだわりが強すぎる? さらには、独り身が限界すぎて、架空のお相手との“妄想劇場”まで!?

短期連載でお届けする「スイーツ真壁の甘くない話」、4本目をお届け!


Woman Insight編集部(以下、WI) あるアンケートで「恋愛で悩む男性が8割いる」ということなんですけど、「出会いがない」、「好きな女性ができない」、「ときめきたいのにときめけない」という理由からのようです。これについてどう思いますか?


真壁刀義さん(以下、真壁) バカ野郎! 奥手かお前ら!って言わせてくれ! 「出会いがない」っていうのは、ただ出会いの場に行ってないから。だって、生きていれば毎日何かしらの出会いはあるわけで、「これは仕事の人だから……」、「あの人はお得意様の方だから……」と分けて、波風立てないようにしていれば、当然、選ぶチャンスも少なくなるわけじゃねぇか。もし本当に「あっ、この人だ」と思ったら、俺は声をかけてもいいと思うんだよ。それが、仕事先の相手でも。いろんなところにアンテナを張っておくことも、出会いのためには必要なんじゃないかなって思うよ。もちろん、外に出るというのが大前提。そうじゃなきゃ人に会うこともできねぇからな。

 


WI 日々のちょっとした出会いを大事にしろ、ということですね。


真壁 外に出てもそう簡単に運命の出会いはないかもしれない。でも、いつも立ち寄ってるコンビニのお姉さんが、「お疲れ様です」なんて声をかけてくれたら、その先に進むチャンスじゃん? だけど、どんなタイミングも、全部自分の行動次第だと思うんだよ。本当にただ神様が与えてくれた偶然なんかない。常に必然。努力した上で出会うべくして、出会うんだよ。「好きな女性ができない」のも、お前何様なの?と。もっと周りを見渡して、ちょっと勇気を出してみろよって。「ときめかない」というのは、本気じゃねえからだよ! ときめきたいなら、いろんな人に本気の気持ちでぶつかってみろよ。自分が本気にならなきゃ、本気の出会いは絶対にないから。男ども、本気になれよ! この野郎!

 


WI ところで、真壁さんは結婚までにどれぐらい時間が必要だと思いますか? あるアンケートでは、「2~3年」というデータもありますが。


真壁 長くねぇか? 若い頃なら、2~3年付き合って結婚するのもいいと思うんだよ。でも、ある程度の年齢になったら、長く時間をかける必要もないんじゃねぇかな。年齢を重ねてきたからそう思うし、自分の仕事がもう固まってきて、それなりの立場になれば、何年も付き合ってという恋愛期間がなくてもいいような気がするな。

 


WI ちなみに、真壁さんのいまの状態は?


真壁 俺? もう2~3日でもいいぐらい(笑)。当然、プロレスを始めて数年の若造の頃は、「俺の行き先はどこなんだろう」というのがわからないから恋愛どころじゃなかったけど、いまはプロレスの世界でトップを獲ったし、プロレスを盛り上げながらプロレスの価値を上げていくことと、自分の存在価値を上げていくことを一直線にやっていくだけだからな。あとはプライベートの充実なんだよ、俺は(笑)。

 


WI 女性にされたことで、いまでも記憶に残ってる嬉しいことってありますか?


真壁 「いってらっしゃい」って、おでこにチューされたときは驚いた。「お前やめろよ! じゃあ行ってくるわ」なんて家を出て、スキップしちゃうみたいな(笑)。

 


WI その不意打ちが嬉しかったんですね(笑)。


真壁 あえて的を外して、おでことかほっぺにされると……「ほほぉ」って(笑)。新鮮だし、キュンとするな。男なら誰でも思うんじゃないかな。特に、プロレスみたいに殺伐とした世界にいる俺には、気が抜けるっていうか、妙にキュンとしちゃう行為だよな(笑)。

【次回予告】「ただいまと帰ったら玄関で……」。真壁刀義の妄想劇場がスタート?
【前回】いい恋愛をしたいならカラダありの「仮氏」はダメ【スイーツ真壁の甘くない話】

\この夏、「G1 CLIMAX 26」開催!/

新日本プロレス真夏の最強戦士決定戦「G1 CLIMAX 26」全19大会で、日本列島を横断! 繰り広げられる灼熱の激闘ロード、クライマックスの舞台は、8月12日・13日・14日(@両国国技館)。詳細や最新のチケット情報は特設サイト(http://g1climax.jp/)で!

■取材:さとうのりこ