週末はクリエイターの祭典「ハンドメイド・フェス」へ行こう!

ハンドメイドの雑貨やアート作品は、見るだけでワクワクするもの。 休日におしゃれな雑貨屋さんやショップをはしごすると、いつも新しい発見や驚きがある。 一方、日本には多くの個性的なクリエイターがいるが、なかには作品発表の機会が少ない人も。

そんなハンドメイド・ファンとクリエイターとの新たな出会いの場となるイベントが、今週末の19日(土)・20日(日)に幕張メッセで開催される。 「Handmade In Japan Fes 2014」は、オリジナル作品を作る2000人以上のクリエイターが集結するフェスティバルだ。

undefined

色とりどりのアート、雑貨、ファッション、アクセサリーなどのお店が連なるマーケットはもちろん、作品づくりを体験できるワークショップもあり、作家と直接触れあうことのできる、またとない機会となる。

undefined

さらに、新進気鋭のアーティストや人気バンドによるライブステージなどを見ることができる「ミュージック&プレイエリア」あり、全国から選りすぐった食事が楽しめる「フードコーナー」ありと、バラエティに富んだ内容が特徴だ。

undefined

さまざまな分野のクリエイターの感性がぶつかり合い、火花を散らすクリエイティブな2日間。 前売券は800円、当日券は1000円だ。 見る人の感性も研ぎ澄まされそうなこのフェスで、あなたの心に響く作品に会いに行こう。

undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=JIYhPe6v7dg#t=14

HandMade In Japan Fes 2014

https://hmj-fes.jp/

undefined
提供元: isutaの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2019)」東京ビッグサイトでクリエイター3,000人が作品販売
「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2019)」が、2019年1月12日(土)・13日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催される。 www.fashion-press.net 「ハンドメイドインジャパンフェス」は、毎年夏に全国各地で創作活動に取り組むクリエイターが一堂に会し、オリジナル作品を展示・販売する日本最大級のクリエイターの祭典。初の冬開催となる今回は、「New Year's party」をテーマに、日本発のクリエイティブカルチャー「ハンドメイド イン ジャパン」を国内外に向けて発信する。 イベントのメインとなるのは、全国3,000人超のクリエイターによる個性溢れる出展ブースが立ち並ぶ「クリエイターエリア」。ファッション・インテリア・アート・手工芸品などジャンル毎のオリジナル作品を販売する「マーケット」、伝統工芸士や人気クリエイターによる作品作りが体験できる「ワークショップ」、そしてクリエイターが目の前で絵を描き上げてくれる「ライブペインティング」の3つのコンテンツで構成されており、日本の“ものづくり”の最先端が集結する空間となる。 そのほか、「ミュージック&プレイエリア」では、全国から集まる人気アーティストやビックゲストが迫力のパフォーマンスを披露するほか、「フード&カフェエリア」では、日本各地の選りすぐりのお菓子やパンをはじめとする手作りフード、コーヒー、紅茶といったこだわりのグルメも堪能出来る。 【開催概要】 「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2019)」 開催日:2019年1月12日(土)・13日(日) 開催場所:東京ビッグサイト西1・2ホール 入場料: ・前売券:1,200円 (1日券)/2,000円(両日券) ・当日券:1,500円 (1日券)/2,500円(両日券) ※小学生以下、無料 購入方法:ローソンチケット(Lコード:34571)、イープラス、セブンチケット、ぴあ(Pコード:992-001)
ファッションプレス
人気クリエイターによるワークショップも開催! 「暮らしとクリーマ」オープン!
日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」が、二子玉川ライズ・ショッピングセンターに新店舗「暮らしとクリーマ」をオープン! ワークショップも体験できる新スポットをご紹介! クリーマ初のライフスタイル特化型セレクトショップ 「暮らしとクリーマ」は、『物語と暮らす、世界にひとつのおうち時間』をコンセプトに、器や生活雑貨、インテリア、フードなどを中心とした、毎日を彩るハンドメイド作品が並ぶ、クリーマ初のライフスタイル特化型セレクトショップ。 「一つひとつ丁寧に作られた作品には、すべてに作り手の思いが込められており、それぞれに背景やこだわりなどの物語がある。そんな、物語のある作品に囲まれた毎日の暮らしが、そこに住まう人々にとって、世界にひとつのおうち時間になれば…」という想いが込められているそう。 Creema とは? Creema(クリーマ)とは、創作活動に取り組む全国のクリエイターと生活者が、ネットで直接オリジナル作品を売買できる、C to C ハンドメイドマーケットプレイスです。オンライン上だけでなく、東京ビックサイトでの大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス」の開催も話題。PeLuLuでも7月~9月にかけて、取材リポート&おしゃれスナップを掲載しました。 今回オープンした「暮らしとクリーマ」は、アクセサリーやファッション雑貨を中心とした女性がメインターゲットの新宿ルミネ「Creema STORE」に次ぐ2店舗目の常設ショップ。家族連れやカップル、男性層にも幅を広げ、より多くの方々へハンドメイドのある暮らしを提案していきたいそうです。 出展クリエイターの一部をご紹介! for egg /フード Fabric trophy/立体アート のぐちみか/陶器 lala samala /ハーバリウム お買い物と一緒に楽しめる、人気クリエイターによる「ものづくり体験」 「暮らしとクリーマ」では随時、人気クリエイターによるワークショップを開催。ハーバリウム作りやアクセサリー作りなど、様々なテーマで楽しめます。家族や友人とのお出かけスポットとしてはもちろん、お仕事帰りやお買い物の合間に立ち寄って、気軽にものづくりを体験することができます。 <今後のワークショップの一部をご紹介!> ■ステンシルペイント体験 クリエイター : BigBearLake BigBearLakeオリジナルのファブリックボード、またはバッグに好きな文字をステンシルペイントします。世界に1つしかないファブリックボード、ミニトートバック、サコッシュを作ることができます。 日時 : 10月7日(日)11:00~18:00 所要時間 : 30~40分 参加費 : ファブリックボード¥2,000/ミニトートバッグ¥2,500/サコッシュ¥2,500 ■世界に一つ。オリジナル刻印入り真鍮製ブックマーカー&キーホルダー クリエイター : 平野工房 hiranokobo 真鍮製のプレートにお好きな英数字を刻印し、 オリジナルのブックマーカー&キーホルダーを作ります。 名前やメッセージ、誕生日など色々な刻印が可能。 手作りの”楽しさ”や、手作りしたものを身につける”喜び”を感じられるワークショップ 。 日時 : 10月13日(土)、14日(日)10:30~17:30 所要時間 : 30~40分程度 参加費 : 1個¥2,000 ワークショップの受付は随時店頭にて行なっております。上記以外にも様々なテーマで開催しており、内容によって開催日時や参加費が変わるので、ホームページまたは店頭でご確認ください。 ワークショップの詳しい内容は「暮らしとクリーマ」へ。 <SHOP DATA> 二子玉川ライズ・ショッピングセンター・タウンフロント1F 東京都世田谷区玉川2-21-1 営業時間 : 10:00~21:00 TEL : 03-6805-6217 URL : 暮らしとクリーマ text:Mikiko Akiyama(marmelo)
PeLuLu
広瀬すずがコメディ初挑戦!“ホワイト家族”と“三太郎”のクリエイターが夢のタッグ
ソフトバンクの「ホワイト家族」シリーズや家庭教師のトライの「ハイジ」シリーズなど数多くの人気CMを手がけ、映画脚本家とし...
Movie Walker
クリエイターのお洒落なショップが急増中! かっぱ橋道具街周辺で注目の「ジビエ革」とは?【レトロな街の素敵なひと・もの】
料理道具の専門店が軒を連ねる、かっぱ橋道具街。外国人観光客も多数訪れるお馴染みのエリア周辺に近年、新進クリエイターがアトリエ&ショップをオープンし、クリエイターの街に変身しました。「エンダースキーマ」をはじめ、レザーブランドが続々。そんななか、注目ショップをピックアップしてご紹介します。 かっぱ橋道具街のお隣エリアに、新世代オーナーのショップが続々オープン!  イースト東京・松が谷にクリエイター系ショップが目立ってきたのは、人気カフェ「itonowa(イトノワ)」が2008年にオープンしてから。アパレルメーカーに勤務後、独立した女性オーナーによる素敵なお店です。現在でも連日にぎわい、2012年にはウェアと雑貨を扱うセレクトショップ「itonowa life(イトノワライフ)」も開店。その寄りみちコースとして、さんぽを楽しむ女子たちとともにお洒落なショップが増えています。 シンプルなバッグ、財布、革小物が年齢、性別問わず、幅広いユーザーに支持されています。クリエイターの穏やかな情熱とクールでスタイリッシュなテイストとのミックス感が絶妙です。 この夏、「と革」が仲間入り。著名なミュージシャンのスタイリングを手がけた高見澤篤さんによるブランド「Six COUP DE FOUDRE(シス クー・ド・フードル)」を軸としたギャラリーショップです。社会の中での革の在り方を探りながら、国内外の作家や地域に焦点をあて、発表できる場所を目指しています。 多彩な活動を経て革を追求するクリエイターの新拠点、「と革」 「どんな土地で、どんなものが獲れて、どんなふうに自分の手もとに届いているのか。興味をもち、考えるなかでいろいろなところに行きました。姫路のタンナーさんからはじまり、もっと深く革に関わることについて知りたいと思い、バングラディシュやイタリアまで足を運んだりもしました。生命をいただいて作っているという一連の流れを自分の目で見て、しっかり意識して、無駄がないように活用したい」(高見澤さん) 店内には、レザーアイテムとともに植物もコーディネート。ナチュラルでやさしい空気感は高見澤さんのお人柄を反映しているかのよう。 店内には革製品だけでなく、アート作品もディスプレイ。レザーの可能性を拡げる自由なアイディアと完成度の高さに驚かされます。 クリエイションで社会問題を解決する「ジビエ革」プロジェクト 2008年より「ジビエ革」プロジェクトを始動。エシカルでスタイリッシュなデザインで提案しています。2016年クラウドファンディングで発表・販売した際には、目標を大きく上回る結果に。各地で個展、イベントなどを中心に展開中です。 「と革」ではベルトのオーダーメイドが人気。素材、長さはもちろん、バックルも選び、自由な組み合わせでカスタムできますよ。8000円(税抜き)~。 「野生動物の革、鹿や熊、猪の革などをわかりやすく伝えられるよう『ジビエ革』と名づけました。年々人口減少が進み、地方の過疎化、農業に従事するかたの高齢化とともに、耕作放棄地や放置された山林が増加。鳥獣被害が広がっています。最新のデータ(『鳥獣被害の現状と対策』農林水産省 農村振興局)によると国内では鹿や猪などによる食害が年間 約200億円に。農林業への被害を防止すべく、約113万頭もの生命が有害駆除、廃棄されていることに胸を痛めています。なかでも食肉以外の皮革での利用は全体の0.2%ほどにすぎず、残念でなりません」(高見澤さん)。 動物の権利(アニマルライツ)が世界的に話題となるなか、日本ではこんなにも深刻な状況になっているのだそう。 自然と人間の関係を見直し、捨てられるだけの生命を有効に 「捨てられてしまう、捨てられるだけの生命を有効に利活用したいと思い、試行錯誤し各地に出かけ、猟師さんたちとも出会い、やっとかたちになってきました。あくまでもフレンチレストランなどで提供されるジビエ料理や、ペットフード用に処理されている食肉の副産物として使わせていただいています。アニマルライツが注目されていますが、自然と人間の関係を見直しながら、レザーを通じて社会問題を考え、解決できれば」(高見澤さん)。 ありそうでなかったレザーのプレート。インテリアに最適ですね。ショップのマネートレイに使ったり、ジビエ料理とのコーディネートを考えているシェフもいるそうですよ。 「ブランド名である<シス クー・ド・フードル>にはフランス語で、第六感、一目ぼれというような意味がありますが、読み上げたときの音にもダブルミーニングとして、<シス=死す><シス クー・ド・フードル=食べる、喰う、たべもの>=食べた後の副産物を大切に使う、ものを大切に使う、といった意味を込めました」(高見澤さん) 革を極限までうすく漉いて(薄くする作業)仕上げたシート。折り紙として使えるようなクオリティを実現した斬新なプロダクトです。 ブランドロゴには付記されたメッセージ、<Memento Mori>は「死を想う」、さらに副題の〜We will use your life Importantly〜は「あなたたちの命を大事に扱う」の意味。いただいた生命を余すことなく使い切る、「Six COUP DE FOUDRE」のコンセプトを反映しています。 素材選びが生き方を表現する時代に先駆けたプロダクト 熊の革製品化は、世界でも珍しい試み。脂肪分の多さなどの特性があり、完成までにかなり苦労なさったそうです。「熊革は、厚みがあり男性的な力強さを感じさせます。肉厚で非常に丈夫です。一方、軽くてしなやかなのは、鹿革。肌に吸い付くような滑らかな肌触りが魅力ですよ」(高見澤さん) 手のひらにすっぽりと収まる小さめサイズのがまぐち。しっとりしていてソフトな質感のレザーを使用しています。 かわいいルックスだけでなく機能性も兼備。ワンタッチで開閉できます。敬老の日ギフトにもぴったりですね。 レザーには、野生に生きた証としてキズなどもあるのですが、あえてそのままに。素材の個性をデザインとして生かしています。岩手の熊革、長野、和歌山の鹿革とそれぞれの素材はトレーサビリティを明確化。その土地の問題を知るきっかけになり、捨てられる生命が「ジビエ革」ブランド、製品として流通されることで地域資源として還元できるのもうれしい。 メンズライクな着こなしや着物、浴衣など、さまざまなコーディネートに似合うハンドバッグ。年齢を重ねてもそっと寄り添ってくれそう。 「ファーフリー」、「アニマルフリー」をはじめ、多様化する志向をひとりひとりが選択できるいま、ファッション製品の素材のチョイスが「自分の生き方を表現する」時代がやってくる、その先駆けとなりそうです。 *** と革 東京都台東区松が谷2-29-8 ベビーマンション105 TEL 070-5589-5934   営業時間 11:29~19:19(土日)、15:15~19:19(月火) 水曜~金曜定休 WEB http://to-kawa.com/
PeLuLu
かわいすぎ…ポケモン“イーブイ”とクリエイターが六本木でコラボ!
六本木ヒルズで9月1日から期間限定で『EVs+cafe(イーブイズ プラス カフェ)』がオープンします! ここでは、女子に人気のかわいいポケモン“イーブイ”とその進化形たち...
anan web
ズッカ「バックルバッグ」をクリエイターがカスタマイズ、ボディソングやオカモトレイジなど参加
ズッカ(ZUCCa)は「30th ANNIVERSARY, 30 BAGS DECORATION」展を2018年7月21日(土)から8月7日(火)までカバン ド ズッカ 南青山にて開催。クリエイターがカスタマイズした1点物のアイコンバッグ「バックル バッグ(Buckle Bag)」を展示販売する。 www.fashion-press.net ブランド創設30年を記念したイベント「30th ANNIVERSARY, 30 BAGS DECORATION」展では、国内外で活躍するファッションデザイナー、アーティスト、ミュージシャン、グラフィックデザイナー、モデルなどのクリエイターがカスタマイズした30点の「バックルバッグ」が登場。アクションレザーと呼ばれる裏革を採用した、優れた耐久性と持った時の軽やかさが魅力の「バックルバッグ」が、自由な発想でアーティスティックに彩られている。 ボディソング(bodysong.)は、フロントのバックル部分をポケットで隠す大胆なデザインを提案。また、サイドやフラップをシールで埋め尽くした酒井いぶきのバッグや、中田クルミのカラフルなニット素材使い、「CHAI」のユウキによるポップなペインティングなど、個性的で存在感のあるカスタマイズバッグが勢揃いする。その他、「OKAMOTO'S」のオカモトレイジやアーティストのとんだ林蘭といった面々も参加している。 店内は、アーティスティックなカスタマイズバッグが映えるように夢想的な空間を演出。現代美術家・玉山拓郎が空間デザインを手掛けている。 【詳細】 30TH ANNIVERSARY, 30 BAGS DECORATION 会期:2018年年7月21日(土)~8月7日(火) 時間:11:00~20:00 場所:カバン ド ズッカ 南青山 住所:東京都港区南青山3-13-14 TEL:03-3470-7488 価格:バックル バッグ 中 33,000円+税、大 35,000円+税 参加クリエイター:安野谷昌穂(美術家)、いでたつひろ(絵描き)、伊波英里(グラフィックアーティスト)、AAAMYYY(ミュージシャン)、大野彩芽(コラージュ作家)、オカモトレイジ / OKAMOTO'S(ミュージシャン)、奥冨直人(BOY fashion&musicオーナー)、金田遼平(グラフィックデザイナー / アートディレクター)、CHRISTOPHE BRUNNQUELL(アーティスト)、小池アイ子(グラフィックデザイナー)、小菅くみ(刺繍作家)、Colliu(モデル / アーティスト)、酒井いぶき(モデル / アーティスト)、玉山拓郎(現代美術家)、千原徹也(アートディレクター / れもんらいふ代表)、DEAD KEBAB(アーティスト)、とんだ林蘭(アーティスト)、d0nchi(アーティスト)、永瀬沙世(写真家 / アーティスト)、中田クルミ(女優 / モデル)、平野正子 / skydiving magazine(アーティスト)、POKETTO [越智康貴 / 藤野将太](クリエイティブユニット)、BODYSONG.(デザイナー)、村田実莉 / skydiving magazine(アーティスト)、百世(消しゴムハンコ作家)、森川雅代(スタイリスト)、ユウキ / CHAI(ミュージシャン)、Yurika Kinoshita(現代アーティスト)
ファッションプレス
クリエイター・アーティストが集結「第1回 東京下北デジタルデータフェスティバル」開催!
東京・下北沢にある「下北沢ケージ」にて、2018年6月16日(土)に開催される「第1回 東京下北デジタルデータフェスティバル」。制作に携わる人だけでなく、未来のクリエイターや今まで興味がなかった人にも“ものづくりって面白い!”という思いを届ける新感覚お祭り型フリーマーケットをご紹介します。
LeTRONC
現代のクリエイターも刺激受ける「琳派」の魅力
現代のクリエイターも刺激してやまない「琳派」の魅力に迫る「【特別展】琳派―俵屋宗達から田中一光へ―」が山種美術館で開催されている。
anan web
『ワンス・アポン・ア・タイム』クリエイター、『世にも不思議なアメージング・ストーリー』リブート版製作
海外ドラマナビ
紙の祭典「紙博」京都で - クリエイター・文具店など71組が出展、ユニークなデザインの紙や雑貨
紙の祭典「紙博 in 京都 vol.2」が、2018年7月14日(土)・15日(日)に京都市勧業館みやこめっせで開催される。 www.fashion-press.net 京都での「紙博」の開催は、2017年12月に引き続き2回目。今回は、前回よりも出展者が増え、紙のデザインを手掛けるクリエイターやメーカー、イラストレーター、文具店、印刷・加工会社など、71組が集結する。 会場では、日本の伝統的な染色技法である「型染め」で、和紙や布を染めた作品を手掛けるユニット「kata kata」、日本の四季にまつわる和柄や伝統色をモダンにデザインした、和風のカラフルな模様が魅力の「星燈社」、ヨーロッパで買い付けたヴィンテージとオリジナルの紙雑貨を扱う「オソブランコ」など、ユニークな出展者による多彩な紙のアイテムを一度に見ることができる。鮮やかな色使いのイラストや、複雑な加工など、紙の魅力を存分に楽しめるイベントとなっている。 また、「日光珈琲」や「TRANSFER Bake Shop」、「食堂souffle」などのフードも出展し、イベントを盛り上げる。 【詳細】 紙博 in 京都 vol.2 開催日:2018年7月14日(土) 10:00~17:00・15日(日) 10:00~16:30 会場:京都市勧業館みやこめっせ 住所:京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 出店数:71組 入場料:500円(小学生以下無料)
ファッションプレス
「ミニチュア写真の世界展」人気クリエイター17組のミニチュア模型&写真を展示、東京・名古屋で
「ミニチュア写真の世界展」が、東京・TODAYS GALLERY STUDIOにて2018年6月8日(金)から6月24日(日)まで、名古屋・TODAYS GALLERY STUDIO NAGOYAにて7月6日(金)から7月22日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net 「ミニチュア写真の世界展」は、人気写真展「ねこ休み展」などを手がけるべーこん(BACON)による、ミニチュア写真の合同写真&物販展。"りっこ"や"1/87の底辺サラリーマン"など、SNSで話題の人気クリエイターをはじめとする全17組による作品を展示する。 ミニチュア模型の展覧会と言えば立体作品のみを展示するのが一般的だが、「ミニチュア写真の世界展」では、その模型を捉えた写真を立体作品と並べて展開。ミニチュア作品が写真に収められることにより、独自の世界観を生み出す様子を見て取れる。 たとえば"1/87の底辺サラリーマン"は、積み上げた本の壁をミニチュア人形が登っていく様子を撮影した作品や、食パンの袋を留めるバッグ・クロージャーをバーカウンターに見立てて人形を配置した写真などを出展。まるでミニチュアの世界に迷い込んでしまったかのような、不思議な気分を味わうことができる。 会場にはその他にも、スイカやエビフライなどのミニチュアフードの作り方を知ることができる、クリエイター"Sweet Palette nana♪"の動画コーナーも設置。 さらに、展示作品そのものや、ミニチュアキーホルダー、アクセサリーといった雑貨アイテムも販売される予定だ。 【詳細】 「ミニチュア写真の世界展」 ■東京 開催日時:2018年6月8日(金)〜6月24日(日) 11:00〜19:00 ※月曜休館 会場:TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋 5-27-6 5F) 入場料:500円/3歳以下は入場無料 出展者:16組(予定) ※館内は全て撮影可能。 <東京会場限定>りっこのワークショップ 開催日程:6月10日(日) 午前の部・午後の部 参加費1,000円 ※詳細は公式サイトで確認。 ■名古屋 開催日時:7月6日(金)〜7月22日(日) 11:00〜19:00 ※月曜休館 会場:TODAYS GALLERY STUDIO NAGOYA(愛知県名古屋市中区新栄1丁目17-12) 入場料:500円/3歳以下は入場無料 出展者:16組(予定) ※館内は全て撮影可能。
ファッションプレス
Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』“辛さを伝えたかった”クリエイターが語る本作への想いとは
海外ドラマナビ
イッセイ ミヤケ パルファム新作香水、2人のクリエイターによる緑豊かな限定パッケージ
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理