1. トップ
  2. 恋愛
  3. 好きになった人に離婚した理由を素直に話すべき? 【ひかりの恋愛お悩み相談】

好きになった人に離婚した理由を素直に話すべき? 【ひかりの恋愛お悩み相談】

  • 2014.10.29
  • 269 views

今、好きな人に、自分の過去の別れについてどこまで正直に話すべきかを悩む人は意外といるものです。今回は、こんなお悩み相談です。

■「好きな人に離婚した理由を話すべき?」(Cさん・30歳)

去年、離婚をしました。理由は、私は子供を欲しかったけど、結婚後に旦那さんは子供が欲しくないという考えになり、溝が埋められなかったからです。その後、仕事や環境を変え、1年間がむしゃらに頑張ってきました。そんな私が、新しい職場で最近気になる人ができました。でも、その彼は偏見があるタイプで、「違うな」と思う人には素っ気なくなってしまう性格なんです。

以前、同じ職場の他の男性に、離婚理由を聞かれたので話すと「それくらいで?」と言われたことがありました。だから、気になる彼に自分がバツイチだということを話すのが怖いです。我慢のないやつだと思われそうで…。どうしたらいいでしょうか?

■Cさんへの回答

なるほど。離婚なんて、今の時代は珍しいことではないですし、子供がいるならまだしも、そんなに今後の恋愛の障害になるものなのでしょうか。もちろん、もしその彼が「離婚歴がある人はNG」なのであれば、縁がなかったと思って諦めるしかないでしょうね。

ただ、自分がバツイチであることは、現段階でわざわざ言う必要はないでしょうね。相手がCさんのことを好きになって付き合おうという段階になって、話せそうなタイミングになったら言えばいいだけのこと。もちろんわざわざ隠したり嘘を言ったりする必要はありませんが、もう少し心の距離が縮まった時にそういった話をしたらいいのではないでしょうか?

あとは、離婚する理由って意外と単純ではないから、おそらく「単に旦那さんが子供を欲しくなかったから」だけではないと思うんです。共に生活をするにつれて、「子供がいなくても、この人となら2人で生涯を共にしたい」と思えていたら、離婚はしなかったはず。また、いくら子供を望んでも授からないことだってあるので、そうなった場合でもCさんが旦那さんと別れようと思ったかどうか、ですよね。

もし、「お互いに子供を望んだけどできなかった場合は、離婚していなかったかも?」と思うのであれば、理由は単に旦那さんが子供を欲しがらなかっただけではないはず。つまり、その職場の男性に対しては、簡単に理由を言い過ぎたから、「それくらいで?」と言われた可能性はあります。

■相手が納得できる理由であった方がいい

ただし、だからと言って、元旦那さんがどんなにひどい人だったかを事細やかに話せばいい、ということではありません。でも、離婚理由を言わなくてはいけない場面の時は、相手が納得できる理由であった方がいいでしょうね。

例えば、「私は結婚をしたら子供を産み育てることが夢だったのに、旦那さんは私の子供が欲しいという願いに向き合ってくれなかったから、今後、長い結婚生活の中で色々な問題が起きたときも、相手が向き合ってくれないような気がして、一緒に夫婦生活をやっていく自信がなくなった」とか、「お互いに望む結婚の未来が違いすぎて、今だったらお互いにやり直しができるから、別れを決断した」とか。

■相手の不安を払しょくすることが重要

ハッキリ言ってしまえば、離婚理由なんて、第三者にとっては関係ない話です。でも、離婚した事実は、今後、関係を深めたいと思う相手にとっては、「自分と付き合ったときに、何か障害になるような欠点を彼女は持っているのではないか?」という不安を持たせてしまうもの。だから、相手がその不安を払拭できるような理由をきちんと話すことが重要なのです。

つまり、過去がどうだったかというよりも、これからの付き合いにおいて問題はないことをアピールする必要があるのです。例えるなら、入社試験の面接で、「前の会社はどうして辞めたんですか?」と聞かれるのと同じようなもの。そんなときに、「仕事がつまらなくなったから」なんて理由だったら、間違いなく試験に落とされますよね?

あとは、過去の別れを自分でも前向きにとらえることができたときは、話す内容は変わっていくもの。例えば、「当時は私もまだ子供で、結婚の理想ばかりにとらわれてしまっていたから。あれから随分、反省したし、もうあんな失敗はしたくない」と思うことだってあるでしょう。

・恋する乙女注目! 恋愛のお悩み大募集、恋愛コラムニストひかりさんが回答してくれます! 毎週1名

その別れから色々なことを学び、魅力的になったのであれば、誰もその別れに対してとやかく言わないものです。その別れのおかげでその人が成長できたのだから。そんなCさんになったときは、その彼だって偏見を持たないと思いますよ?

(ひかり)