1. トップ
  2. メイク
  3. ”見せたい”思い出写真に!写真映りを良くする5つのポイント

”見せたい”思い出写真に!写真映りを良くする5つのポイント

  • 2016.8.6
  • 8442 views

1.目のラインを少し上げてみよう!


出典:weheartitより

顔を少しだけあげてみましょう。
舌は、笑っている時もいない時もしっかりと口の中の口蓋(上の部分)を押すようにしましょう。そうすると二重あごを防げます。
足は棒立ちではなく、どちらかの足を前後にして立ちましょう。

2.カメラのレンズを集中してみない!

undefined

出典:weheartitより

レンズの中心をじっと見ないようにしましょう。
数センチ、レンズの中心からそらすだけで、眼差しに表情が出て、キレイになります。人はそれぞれキレイに見えるサイドを持っています。
このキレイなサイドがどちらかをセルフィーで比較をして見つけましょう。少し時間がいりますが、写真写りを良くする為にはとても価値があります。3.日の当たる方向に注意!上から、下からはダメ!

undefined

出典:weheartitより

光は、写真映りを左右する大きな要素です。
光が真上からや真下から来る場所では写真を撮らないようにしましょう!
顔に変な影ができて、あまり映りの良い写真にはなりません。

撮られることを意識したメイクを!

undefined

出典:weheartitより

メイクも写真を失敗させる原因になります。
オレンジ系や紫系の口紅は歯を黄ばんで見せることがあります。
また、真っ赤な口紅は、口紅を細く見せます。

そして、いい加減なファンデーションの塗り方をすると、首と顔の色がクッキリ別れてしまいますよ。
メイクや皮脂でテカっている顔も写真映りを悪くしてしまいます。ティッシュで押さえるようにしましょう。
頬を可愛く赤く見せたい時は、その瞬間に指でキュッキュッとつまみ血行を良くさせるのも効果的です。
写真を撮られることを意識して、メイクの準備をしたいですね。4.リラックスして自然でいよう!

undefined

出典:

weheartitより

子どもは写真映りが良いですよね!どうしてだと思いますか?
それは、カメラの前でリラックスをして自然にいるからです。写真にキレイに写りたいと緊張せずにリラックスしましょう。

undefined

出典:weheartitより

ちょっとした工夫で写真の映りを良くすれば、ずっとお気に入りの1枚として残すことが出来ます!
今年の夏は、これで写真も大丈夫!

undefined

出典:

weheartitより