1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. レトロさがたまらない!フィルムのカメラでフォトジェニックサマー!

レトロさがたまらない!フィルムのカメラでフォトジェニックサマー!

  • 2016.8.4
  • 2171 views

フィルムのカメラが再びじわじわブーム!周りでも写ルンですを持ち歩く女子が増加して、ひそかな流行になっているよう!私も最初は使い捨てカメラから始めて、今はトイカメラとチェキにどはまり。気がついたら続々集まっていました。

今いちばんのお気に入りが「DIANA F+」。ロモグラフィーというメーカーのもので、60年代のプラスチックカメラの復刻版です。水色×黒のプラスチックの機械自体の佇まいも可愛い!

意外なくらい軽くて、本当におもちゃ!な感覚です。

DAINA F+に使用する120フィルム。普通のフィルムより細長い。

撮影に使うのはブローニーフィルム。紙に巻かれているこの感じにすらきゅんとくる!このカメラの特徴としては、彩度が高めの、ちょっぴりドリーミーなムードの写真が(ど素人の私でも)撮れること。しかも!写真はすべて正方形になるんです!レトロ版のインスタ風写真ですね。

さらに、友達大勢で集まるときに大活躍するのがこちらのチェキ!

現像が楽しみ!!なのもいいけれど、スマホ世代としてはその場で見て盛り上がりたい!という欲求もあり。チェキだと撮影して即みんなで見られる、手軽さがやはり魅力です。

すばらしいのがレンズ横のミニ鏡。みんなで顔のアップを撮るときに大活躍!

最後に、忘れてはいけない写ルンです!

何度買ったかわからない!これと、コダックのスナップキッズが使い捨てカメラの双璧。手軽さ・現像のときのわくわく感がいいんです~!

1台目のときは久々すぎてフラッシュをたき忘れるという失態をおかしました・・・

味わい深いトイカメラ、その場で盛り上がるチェキ、そして価格の手ごろさと、気取っていない感じが素敵な使い捨てカメラ。どれもそれぞれに好きすぎて、休日の予定にあわせて持ち歩いています。

私はまったくもって、おしゃれなカメラ女子ではないのですが、普段スマホで写真を撮る・撮られる・加工する・UPする、に何となーーく疲れてしまうときもあり…。純粋に、楽しいときの思い出として写真を残すという本来の目的を思い出せるところにはまっています。それと同時に、現像から戻ってきた写真を確認して、日々撮影でお会いするプロのカメラマンさんたちってつくづくすごいよなぁとも思い(比べる時点でアレなんですが)。上手に撮る、いい写真を撮ることへの憧れと尊敬を噛み締めつつ、今週末の女子会にもカメラを持参する予定です~!(編集マフユ)