1. トップ
  2. レシピ
  3. 一度食べるとやみつきに! 「トウモロコシの炊き込みご飯」

一度食べるとやみつきに! 「トウモロコシの炊き込みご飯」

  • 2016.8.4
  • 22267 views

夏野菜のなかでも、旬が限られている生トウモロコシ。茹でて丸かぶりや醤油焼きもおいしいですが、一度つくるとやみつきになる食べ方が、こちらの炊き込みご飯!

湯がいたトウモロコシと、ニンジン、ホタテを、牛乳や調味料と合わせて炊くだけ。ホタテのダシと、牛乳とバターのまろやかな風味が、トウモロコシの甘さを引き立てます。

トウモロコシは冷凍のものや水煮缶でも代用できますが、できればフレッシュなものを手に入れて、ぜひ一度お試しください!

■トウモロコシの炊き込みご飯

調理時間50分 413Kcal

レシピ制作:家庭料理研究家 中島和代、管理栄養士 杉本亜希子

<材料 2人分>

トウモロコシ(生) 1/2本

ニンジン 1/4本

ホタテ(フレーク缶:小) 1缶

お米 1合

牛乳 100ml

<調味料>

酒 大さじ1

塩 小さじ1/4

しょうゆ 小さじ2/3

バター 5g

ドライパセリ 少々

<下準備>

・トウモロコシはたっぷりの熱湯でゆで、冷めたら包丁で粒を削ぎ落とす。

・ニンジンは皮をむいてすりおろし、汁気を軽く絞る。

・ホタテは軽く汁気をきる。

・お米は炊く30分前に洗い、ザルに上げておく。

<作り方>

1、炊飯器に洗い米、牛乳、<調味料>の材料を加え、普通に炊く時の水量線まで分量外の水を加える。トウモロコシ、ニンジン、ホタテ、バターを加え、スイッチを入れて普通に炊く。

2、炊き上がったらしゃもじで炊飯器とご飯の間に隙間を作るように1周し、底から持ち上げてほぐしながら余分な水分を飛ばす。器に盛り、ドライパセリを振る。

コツ・ポイント

・お米の洗い方。

ボウルにお米を計量し、たっぷりの水を入れ、混ぜずに水を流します。ひたひたまで水を入れて両手でお米をすくい取り、手をすり合わせるように軽くお米とお米を何回かこすります。濁った水を流し、蛇口から水を勢いよく加え、白濁しなくなるまでこれを何度か繰り返してザルに上げます。最初に入れる水が最もお米が吸収しやすいので、より良質な水を使う事をおすすめします。

冷凍トウモロコシを使う場合は熱湯につけて戻します。水煮缶なら、ザルに上げて汁気を切ってから使うようにしましょう。

(フジノアサコ)