1. トップ
  2. グルメ
  3. ジョエル・エドガートン長編初監督作『ザ・ギフト』予告編、“ギフト”が次第にエスカレート

ジョエル・エドガートン長編初監督作『ザ・ギフト』予告編、“ギフト”が次第にエスカレート

  • 2016.8.3
  • 614 views

10月下旬に公開されるサイコスリラー『ザ・ギフト』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

本作は、『ブラック・スキャンダル』のジョエル・エドガートンによる初長編監督作。新天地で幸せな家庭を築くサイモン&ロビン夫妻の前に現れた男ゴードが、2人に“ギフト”を贈り始め、次第にエスカレートしていく模様を描く。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『インシディアス』シリーズなどを手がけてきたジェイソン・ブラムが製作を務めた。エドガートン監督が執拗にプレゼントを贈り続けるゴード役で出演も果たすほか、『宇宙人ポール』のジェイソン・ベイトマン、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』のレベッカ・ホールらがキャストに名を連ねる。

このたび公開された予告編は、エドガートン演じるゴードが不気味な雰囲気でサイモン&ロビン夫妻の家を訪ねるシーンに始まり、ワインや池の鯉など、持って来たプレゼントが次第にエスカレートしていく模様が描かれる。

一方のポスタービジュアルには、“何度も届く、恐怖(ギフト)。”のコピーとともに、はっきりと顔が見えないゴードがプレゼントボックスを持った姿が捉えられている。(リアルサウンド編集部)