1. トップ
  2. 恋愛
  3. テミンは“欲張り”?「何回でもひとめ惚れしてもらえるのが理想」

テミンは“欲張り”?「何回でもひとめ惚れしてもらえるのが理想」

  • 2016.8.3
  • 675 views

愛らしい笑顔で“天使”と称されてきたSHINeeの末っ子・テミンさん。日本デビューから5年目となる今年、待望の日本ソロミニアルバム『さよならひとり』が、オリコンウィークリーチャートで3位を獲得。

韓国でソロ活動を始めて約2年。7月18日には23歳の誕生日を迎え、愛らしかった少年から大人の男性へと成長し、年を重ねるごとに増していく、美しさ……。ミニアルバムのリード曲でもある「さよならひとり」でも、圧倒的なダンスパフォーマンスに加え、ビジュアルの美しさで見る者の目を惹きつけて止みません。

そんなテミンさんを直撃。『さよならひとり』を通して表現したかったこと、ダンスの振り付けを担当した菅原小春さんのこと、そしてちょっぴりプライベートにまつわることも。「この機会にいろんな姿を見せていきたい」という彼の新たな魅力が垣間見られるインタビューです。


Woman Insight編集部(以下、WI) ミニアルバム『さよならひとり』には、リード曲の「さよならひとり」やブルーノ・マーズが手がけたことで話題となった「Press Your Number」の日本語verも含む全5曲が収録されていますが、今回のアルバムのコンセプトを教えてください。


テミンさん(以下、テミン) 今回のミニアルバムは、それぞれ個性の違う5曲で仕上がっています。それと、僕の内面的なものも表現できたらなと思って作りました。この一枚で、いままでとは違う姿、SHINeeとは違う音楽の世界観を見せたいと思ったんです。リード曲の『さよならひとり』は特に、アジアンテイストな雰囲気をたくさん感じられる一曲です。今回、ダンスの振り付けを菅原小春さんにお願いしたのですが、繊細な歌詞の感情をダンスでうまく表現出来ているんじゃないかなと思います。

 


WI 内面的なものを表現したかったとおっしゃっていましたが、いまのテミンさんの心境にいちばん近い曲はどれですか?


テミン 特に、「さよならひとり」と「世界で一番愛した人」という曲。この2曲は、僕がいままでいちばんトライしたかった曲のジャンルでもあるんです。

 


WI 一曲をひとりで歌うのはもちろんですが、日本語でしっかり歌い込む曲も多いので、慣れているとはいえ、レコーディングは大変だったのでは?


テミン 詩的な表現の歌詞に感情を込めて歌うのが難しかったですが、ディレクターさんが二人三脚でていねいに教えてくださったので、僕はそれについていったという感じです。たとえば『さよならひとり』は、「孤独な武士みたいな感情を持って歌ってみて」という感じで。僕はそれでディレクターさんが考えているイメージを理解して歌うことができましたが、それを僕がきちんと表現して、ファンのみなさんに伝わっているのかなという不安は少しあります(笑)。

 


WI 5曲でも聴きごたえのある一枚だと思いました。たぶんファンのみなさんにも伝わるのでは? レコーディング中、ご自身で手応えみたいなものを感じた瞬間はありましたか?


テミン 正直、まだ足りないこともあるのですが、今回のアルバムをきっかけに、僕の音楽の世界観が広くなりました。さらに成長して、大人になった僕の姿をこれからもっと見せていきたいと思います。

 


WI アルバム制作中やPV撮影で、思わずテンションが上がるような出来事はありませんでしたか?


テミン PV撮影のために菅原小春さんとお会いして、最初に振り付けを見たとき、僕が想像していた通りの振り付けをしてくださって、すごく嬉しかったし、満足感にあふれました。PVは、ほとんどCG撮影で、何もない緑のバックで踊ったんです。だから、撮影しているときは「いま踊っているのがどんなふうにPVになるんだろう」と想像しながらやっていました。それで、黒い衣装のときはダークなイメージで、明るい衣装だったら美しく見せるように踊ったりしていたのですが、僕にとって新しい試みでしたし、それがけっこう楽しかったです(笑)。ファンのみなさんはどう思ってくれるかな?と期待もしています。

 


WI では「さよなら」というワードから、質問です。友だちとご飯を食べたり遊んだりした別れ際、テミンさんは“送ってもらう側・送ってあげる側”、どちらのほうが多いですか?


テミン 僕は「送ってもらう」ほうです(笑)。よく遊んでいる友だちの中で、僕の家がちょうど真ん中なんです。それで僕の家の近くで遊ぶことが多くて、最後はみんなが僕の家まで来て、バイバイって解散(笑)。僕もときどきは、見送ってあげますよ。でも気持ち的には、みんなから見送ってもらうほうが好きです(笑)。

 


WI (取材当時)テミンさんの誕生日が目前なので、振り返ってみてどんな1年でしたか?


テミン この1年、僕は一生懸命過ごそうと思っていました。海外もたくさん行ったし、韓国でのソロアルバム、日本のアルバム準備とか、1年間ずっと忙しかったですけど、いつもファンのみなさんやスタッフのみなさんと過ごすことができたので、すごく楽しかったです。今年は、ちょっとだけお休みして(笑)、その後はまた全力で頑張ります。楽しみながら!

 


WI 5月まで行われた全国ツアー「SHINee WORLD2016~D×D×D~」では、パフォーマンスはもちろんのこと、日本語でのMCにファンが盛り上がる場面が印象に残っていますが、5人のトークはアドリブですか?


テミン ステージに上がる前に、僕たちが話したいことを一度整理しますが、コンサート中のやり取りはほとんどアドリブです(笑)。やっぱりライブでは、その日の気持ちを自分たちの言葉で伝えたいですよね。その僕たちの気持ちが伝わって、ファンのみなさんとコミュニケーションできたのかな?って思っています。

 


WI 特にテミンさんの「原動力」に会場がわいたのが面白かったですよね。3文字以上の漢字を最近も何か覚えましたか?


テミン もちろんです! 「紆余曲折」……「行きつけの店」……

 


WI ふたつめのは漢字……ではないですね(笑)。


テミン あ……(笑)。でも漢字じゃないですけど、これも覚えました。「噂をすれば影がさす」! スタッフさんが楽屋にいて何か起こったときとか、その状況にぴったりな日本語を教えてくれるんです。だけど、僕が最近よく使う日本語は「行きつけの店」です(笑)。


WI ということは、今回のプロモーションで日本での行きつけの店が増えているのでしょうか? ゴールデンボンバーの歌広場淳さんと出演されてた『さしめし』も観ましたが、すごく楽しみながら活動されていますよね。


テミン はい! 僕は食べることが大好きなんです。前は、そばにハマってそばだけ食べていましたが、今回はとんかつだけ食べています。もちろん、行きつけの店で(笑)。一度ハマると同じ物だけ食べてしまうタイプなんです。だから僕はいま“とんかつオタク”です(笑)。

 


WI 行きつけ以外のとんかつもぜひ食べてみてくださいね(笑)。ところで『さしめし』では動物模写をされていましたが、もし自分を動物に例えるなら?


テミン “クジラ”……かな? 自分が似ているというより、クジラになりたいです。広い海を自由に泳いでいるイメージと、穏やかで優しさも感じるし、僕が考える理想的な人のイメージにぴったりかなって。だけど、実は、泳ぐのはあまり得意じゃないんです(笑)。

 


WI そうなんですか? なんでもできそうなので意外ですね(笑)。ところで、いままでテレビ番組やステージでさまざまな姿を見せてきたと思いますが、あまり見せてないけど「自分にはこんな面もあるんだよ」というのを教えてもらえませんか?


テミン ファンのみなさんが僕のことを「天使みたいだ」ってよく言ってくださるんですけど……それは間違いだと思います(笑)。僕が普段どうやって過ごしているのか想像ができないって思っている方が多いみたいなんです(笑)。みなさんが想像している僕のイメージはもちろんあるんですけど、そろそろひとりの人として、ファンの方々ともっと気楽な関係になりたいなって思ってます。今回のミニアルバムでいろんな姿を見せていきたいけど……失望されちゃうかも(笑)。『さしめし』でも、すごく緊張していたので、それを隠すために盛り上げすぎちゃったかなって後悔しちゃったんです……大丈夫だったかな?(笑)

 

自分のことを「天使じゃない」というテミンさんでしたが、話してくれるエピソードを聞けば聞くほど、彼が多くの人から愛される理由がしっかり存在していることを実感します。

そして去る7月18日に行われたショーケースに関して、「“ひとめ惚れ”してもらえるショーケースにしたいです(笑)」と話していました。すでにひとめ惚れしているみなさんが集まっていると思いますよと言うと、「何回でもひとめ惚れしてもらえるのが理想です。……欲張り(笑)」といたずらっぽく笑っていました。足を運ばれたみなさん、いかがでしたでしょうか?

ミニアルバムを通して、「いろんなところでライブをして、みなさんとたくさん会いたい」と語るテミンさん。そして最後に、「夏なのでみなさん暑さに気をつけてください。元気でね!」というメッセージもくれました。

テミンさんの日本初ミニアルバム『さよならひとり』。強さと切なさ、そして美しい。菅原小春さん振り付けのPVも、ぜひあわせてチェックを。(さとうのりこ)

テミン 1st Mini Album

『さよならひとり』好評発売中

【通常盤】

http://www.shinee.jp/taemin/