いけばな草月流の展覧会&家元によるインスタレーションが見逃せない!

いけばな草月流が、10月29日(水)~11月3日(月・祝)の6日間、日本橋髙島屋8階において第96回草月いけばな展「目で見えぬものを、いけよ」を開催する(入場料1,000円・税込 15歳以下無料)。

今年で96回目を迎える草月流最大の展覧会「草月いけばな展」では、家元をはじめ草月を代表する作家からジュニアクラスの子どもたちまで、700名を超えるいけ手が一堂に会し、各自の想い・個性を花に託す。

展覧会期間中には、現在ゆるキャラ®グランプリ2014に出場中の草月イメージキャラクター「いけるちゃん」も遊びにくるという。日本文化のいけばなの魅力を伝えるために生まれた「いけるちゃん」は、いつか自分の頭に自分で花をいけてみたい!?と思っている夢いっぱいの竹の女の子。会場内ではキュートな「いけるちゃん」からも目が離せない。

さらに日本橋髙島屋では、草月流第四代家元の勅使河原茜(てしがはら あかね)氏による「勅使河原茜インスタレーション」も同時開催。

勅使河原氏いわく“花をいけるとは、心の中にある目では見えない「何か」にかたちを与えること”なのだという。

新しいいけばなの可能性を追求し、能、ダンス、書などの他分野アーティストとのコラボレーションに積極的に取り組む勅使河原氏による待望の新作が披露される今イベント。是非会場に足を運び、作品から表現されている「何か」を感じ取ってみてはいかがだろうか。

詳細はこちら(http://www.sogetsu.or.jp/)から。

元記事を読む
提供元: ストレートプレスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
遊びながら楽しめる親子向け展覧会!札幌で「ドライブインシアター」開催
北海道札幌市の札幌芸術の森で5月19日(日)まで、「0さいからのげいじゅつのもり ドライブインシアター」が開催されている...
ウォーカープラス
世界的建築家・ガウディの作品を“はかる”展覧会が開催
建築倉庫ミュージアムでは3月27日(水)~6月30日(日)の期間、企画展「ガウディをはかる -GAUDI QUEST-」を開催する。※5月7日(火)~21日(火)の期間は休館 スペインが生んだ世界的建築家のアントニオ・ガウディは、模型とスケッチをベースに現場の職人と共に作品を築き上げてきたため、その知名度にも関わらず、手がけた建造物の設計図面はほとんど残されていないという。 そこで本企画展では、40年に渡りスペインでガウディ作品の実測を行う実測家・建築家の田中裕也氏による実測図と考察をもとに、ガウディ作品の魅力を解き明かしていく。 会場には、5mを超えるサグラダ・ファミリアの壮大な鐘楼尖塔図、8年の歳月をかけて完成したグエル公園の実測図、テレサ学院のアクソメ図など、計70点以上の実測図原版が展示されるほか、世界遺産としても知られるグエル公園の階段を1/1スケールで再現。来場者自らが実際に展示物を“はかる”ことで、ガウディ作品に秘められたさまざまな要素を体感することができる。 入館料は一般3000円、大学生・専門学生2000円、高校生以下1000円となっている。 世界が注目するガウディ作品の魅力を、ぜひその目で確かめてみて。 ■「建築倉庫ミュージアム」 住所:東京都品川区東品川2-6-10
ストレートプレス
展覧会「The Nature Rules 自然国家」原美術館で開催、生態系を守るプロジェクトを可視化
展覧会「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」 が原美術館にて、2019年4月13日(土)から7月28日(日)の期間で開催される。 www.fashion-press.net 「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」 は、韓国のアーティストである崔在銀が発案、構成した展覧会。朝鮮戦争終戦後、65年余りの歳月を経て朝鮮半島の停戦ラインである非武装地帯に生まれた豊かな生態系を守るプロジェクト「Dreaming of Earth Project」の構想を可視化した創作物を会場に展示する。 本展のタイトルに組み込まれている“自然国家”とは、崔が理想とする、人間ではなく自然が治める国を指す。社会情勢次第で滅びてしまう可能性がある生態系を守るために、崔が出した結論は、“自然国家”における“法律”を自分たちで作り出すということ。本展では、出品作家に加え、崔が信頼する人々が思索した、共生のための“法律”も作り出されている。 【詳細】 The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project 開催期間:2019年4月13日(土)~7月28日(日) 開館時間:11:00~17:00 入館は閉館時刻の30分前まで 会場:原美術館 住所:東京都品川区北品川4-7-25 入館料:一般 1,100円、大高生 700円、小中生 500円、70歳以上 550円 ※4月29日、5月6日、7月15日を除く月曜日休館。 ※5月1日を除く水曜日は20:00まで開館。 ※原美術館メンバーは入館無料。 ※学期中の土曜日は小中高生の入館無料。 <出品作家> 坂 茂、チョウ ミンスク、崔在銀、チョン ジェスン、川俣正、キム テドン、イ ブル、 李禹煥、スン ヒョサン、スタジオ ムンバイ、スタジオ アザー スペーシズ:オラファー エリアソン ア ンド セバスチャン ベーマン 【問い合わせ先】 原美術館 TEL:03-3445-0651
ファッションプレス
ヴィーナスをイメージしたデザートも♡三菱一号館美術館「Café 1894」に展覧会とコラボした限定メニューが登場♩
東京・丸の内、三菱一号館美術館内のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」に、『ラファエル前派の軌跡展』(会期:3月14日~6月9日)とコラボしたスペシャルメニューが登場します☆ ヴィーナスを表現した美しいデザート 「Café 1894」に3月14日(木)から登場するのは『ラファエル前派の軌跡展』とタイアップしたデザート&ランチセット♪ 14時から17時までのティータイムに提
isuta
ローランド初の展覧会「Ro LAND~俺か、俺以外か~」巡回決定!
東京・池袋の「パルコミュージアム」にて、2019年2月15日(金)~3月10日(日)の期間、ローランド史上初となる展覧会「Ro LAND~俺か、俺以外か~」が開催中!入場者数1万人突破の大好評により、福岡・名古屋・札幌・広島の4都市への巡回開催が決定しました。
LeTRONC
メトロポリタン美術館19年の展覧会は“キャンプ”がテーマ 協賛は「グッチ」
ニューヨークのメトロポリタン美術館は、毎夏恒例となっているファッションの展覧会として、2019年は“キャンプ”を取り上げる。会期は5月9日~9月8日。“キャンプ”といっても一般的なアウトドアのキャンプのことではなく、米国の批評家、スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)が1964年に発表したエッセイ「キャンプについてのノート」で語られている美学のこと
WWD
チームラボの展覧会が兵庫・姫路市立美術館で開催
展覧会「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」が、兵庫・姫路市立美術館にて2019年4月20日(土)から6月16日(日)まで開催される。 割引前売券は3月8日(金)より販売となる。 www.fashion-press.net ひとつの詩のような展覧会タイトルは、チームラボがこれまで展開してきた、観る者を作品に没入させ、融合させることで、作品と作品、さらには自己と他者の境界が曖昧になる体験を創出するという根幹の部分に繋がっている。本展でチームラボは、人々を作品の一部とし、人々と世界との関係性を、より連続的なものに変えることを試みている。タイトルにもなった作品《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》のほか、アーティスト自らが厳選したアート作品を組み合わせることによって、“今、ここでしかできない場”を創出する。 展示作品 《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》 《世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい》は、作品に人が参加し、相互作用を生み出すことでひとつの“世界”を創り出す作品。例えば、蝶は火が嫌いで離れるが、 花は好きで近づいていく。風が吹けば植物が漂うなど。それぞれがもつ関係性や物理的な影響によって互い変化を伴う自然の原理を作品のなかで緻密に表現していく。 《Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる》 前近代の日本の絵画において、川や海など水は、線の集合として表現されることが多く、その集合から人々は生命感を見出してきた。そこにヒントを得た《Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる 》は、昔から変わらぬ川や海の表現における生命感の源を改めて考えさせてくれる作品。水の粒子の挙動をもとに、三次元上に描かれた波の層を平面化し、1つの連続した波による映像インスタレーションを完成させている。 《永遠の今の中で連続する生と死 II》 《永遠の今の中で連続する生と死 II》は、生まれ、つぼみをつけ、咲き、やがては散り、枯れて死んでいくという花の誕生と死滅の連鎖に着目した作品だ。作品の置かれた場所の日の出とともに作品世界は明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。そして、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていくという様子を、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描く。 【詳細】チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、 それでもやさしくうつくしいteamLab: Born From the Darkness a Loving, and Beautiful World会期:2019年4月20日(土)~6月16日(日)時間:10:00~17:00(最終入場 16:30)※4月27日(土)~5月6日(月)は、 10:00~18:00(最終入場 17:30)休館日:月曜日※4月29日(月)、5月6日(月)は開館会場:姫路市立美術館 企画展示室(兵庫県姫路市本町68-25)入場料:一般 1,400(1,200)円、大高生 1,000(800)円、中小生 600(400)円、未就学児 無料※( )内は前売料金※20名以上の団体は前売券と同料金チケット販売:姫路市立美術館(当日券のみ)、チケットぴあ(Pコード: 992-130)、ローソンチケット(Lコード: 53564)、セブンーイレブン、イープラス、CNプレイガイドなどの主要プレイガイド、コンビニエンスストア※前売り券販売期間は3月8日(金)~4月19日(金)※姫路市立美術館では当日券のみ購入可能。前売券は購入不可。
ファッションプレス
おしゃれ過ぎる猫グッズが買える!パルコ・ミツカルストア「ネコとの暮らし」展覧会が2月21日より開催
2月22日は、ネコの日! 2019年2月21日(木)~3月5日(火)の間、パルコがプロデュースを手がけるコンセプトショップ・ミツカルストア渋谷店では「POMPOMCAT ネコのいる暮らし展 Vol.5 ~California Cat Life Style~」が開催されます。おしゃれなキャットライフスタイルの情報を発信するプロジェクト・POMPOMCAT(ポンポンキャット)の主催者でLA在住のクリエイティブディレクター木之村美穂が、現地で買い付けたスタイリッシュなネコグッズの販売や、3匹のネコ達とおしゃれに暮らすミッドセンチュリーハウスでの写真や映像を展示、企画限定商品としてネコのためのベッド「キャットセンチュリーモダン・ネコベッド」の特別受注会も行われるとのこと。POMPOMCATとは、いったいどんなプロジェクトなのでしょうか?
Precious.jp
展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー」埼玉で、ザハ・ハディドなど“未完の建築”の可能性を探る
展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー - もうひとつの建築史 -」が、2019年3月24日(日)まで埼玉県立近代美術館にて開催される。 www.fashion-press.net 「インポッシブル・アーキテクチャー」展では、完成に至らなかった建築の構想や、あえて提案に留めた刺激的な建築のアイディアに着目。一口に“未完”=“アンビルト”といっても、実現しないまま残された建築案の数々は、必ずしも無理難題な構想であったわけではない。 未来に向けて夢想した建築をはじめ、技術的には実現可能であっても社会的条件や制度により作られなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ち出す点に主眼を置いた提案など、豊かな発想で練り上げられた多彩なアイディアを紹介。結果的に“未完”に終わり、不可能と認識されたアイディアに目を向けることで、逆接的に建築における極限の可能性や、ポテンシャルを浮き彫りにしていく。 会場では、安藤忠雄やザハ・ハディド・アーキテクツ、黒川紀章、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、岡本太郎といった約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を紹介。図面、模型、関連資料などを通して、未だ見ぬ新たな建築の可能性を模索する。 【詳細】 インポッシブル・アーキテクチャー - もうひとつの建築史 - 会期:2019年2月2日(土)~3月24日(日) 休館日:月曜日 場所:埼玉県立近代美術館 住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 開館時間:10:00~17:30(展示室への入場は17:00まで) 観覧料:一般 1,200円(960円)、大高生 960円(770円) ※( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下と障害者手帳の提示者(付き添い1名を含む)は無料。 ※併せてMOMASコレクション(1F 展示室)も観覧可能。 ■主な出品予定作家:会田誠、安藤忠雄、アーキグラム、荒川修作+マドリン・ギンズ、ヤーコフ・チェルニホフ、ヨナ・フリードマン、藤本壮介、マーク・フォスター・ゲージ、ピエール・ジャン・ジルー、ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV(日建設計、梓設計、日本設計、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン設計共同体)、ジョン・ヘイダック、ハンス・ホライン、石上純也、磯崎新、川喜田煉七郎、菊竹清訓、レム・コールハース、黒川紀章、ダニエル・リベスキンド、前川國男、カジミール・マレーヴィチ、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、長倉威彦、コンスタン・ニーヴェンホイス、山口文象(岡村蚊象)、岡本太郎、セドリック・プライス、エットレ・ソットサス、スーパースタジオ、瀧澤眞弓、ウラジーミル・タトリン、ブルーノ・タウト、ジュゼッペ・テラーニ、山口晃、村田豊 (アルファベット順)
ファッションプレス
A.ジャコメッティとP.リンドバーグ展。【展覧会とお宅拝見 2】
アルベルト・ジャコメッティ(1901〜1966年)とピーター・リンドバーグ(1944〜)。彫刻家と写真家のふたりは実際には会ったことがないけれど、それぞれの仕事にはリアリズムの追求ということ、モノクロ...
madame FIGARO.jp
時差で奏でる「ピアニスト」向井山朋子展。──毎日4時間限定の展覧会とは?
時差で奏でる「ピアニスト」向井山朋子展。──毎日4時間限定の展覧会とは?
VOGUE
アーティストの中村壮志が原宿で展覧会を開催 映像インスタレーションでオカモトショウとJan Urila Sasが生演奏
今回の展覧会は、ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler)の小説「夢」に着想し、月に見立てた土地まで役者を連れていく映像と、月を目指す夢、そして過去の記憶のイメージを3つのスクリーンで上映。併せてテキストや写真など10数点の作品も展示する。また冒頭では、映画の光を使った中村の作品シリーズから、“最初のSF”と言われる無声映画「月世界旅行(Le Voyage dans la Lune)」の光に合わせ、OKAMOTO'Sのオカモトショウとjan and naomiのJan Urila Sasが即興で生演奏を披露する実験的な試みも行われる。
WWD
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」兵庫で、即興的な公開制作の軌跡を辿る
展覧会「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」が、兵庫・横尾忠則現代美術館にて2019年5月6日(月・振休)まで開催される。 www.fashion-press.net 公開制作で描かれた作品を紹介 「横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす」では、横尾忠則がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介する。 自我を忘れて制作に没頭できる公開制作 1980年代、画家へと転向したもののアトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった制作の手段が公開制作であった。が、人前で描くことで“見られている”というプレッシャーが加わり、かえって余計な自我やこだわりが消え、制作に没頭できるという実感を得た横尾は、アトリエが完成しても尚、様々な場所で公開制作を行うようになる。横尾の創作のプロセスにおいて、「観客」との共犯関係が作品にスリリングな展開をもたらしているのだ。 80年代後半から90年代にかけては、自身の少年時代の記憶を着想源とした自伝的な主題に取り組んでいたこともあり、即興的な公開制作の機会はそれ以前に比べて減少するようになった。しかしそうした中でも、横尾は制作途上の作品を公開制作によって仕上げたり、公開制作で完成させた作品に手を加えたりすることで、予定調和に陥りそうな局面を打開。作品に思いがけない変化をもたらした。 “Y字路”をテーマに 2000年代の主題で注目すべきテーマは、「Y字路」。2004年以降の公開制作において、描かれる主題のほとんどに「Y字路」が選ばれるようになる。明快な構図かつ、様々な要素を受け入れられる舞台装置として機能する「Y字路」は、スピーディーな制作の場である公開制作にはうってつけの題材であった。また、同時期に横尾の個展が全国各地で相次いで開催されたことも相まって、“ご当地”の「Y字路」作品も描かれるようになる。 また、「Y字路」を主題にした公開制作は、パフォーマンス性を帯びた制作へと発展。工事作業員や鳶服などの衣装を身にまとった横尾が、絵の中のY字路に家を建て、道路を作り、時に壊していく。様々な衣装が、絵画空間と現実空間をつなぐ役割を果たすとともに、横尾自身の個性も消し、与えられた役割に没入させ、忘我状態での制作を後押しした。 詳細 横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす会期:2019年1月26日(土)~5月6日(月・振休)開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)会場:横尾忠則現代美術館住所:兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30観覧料:一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下無料※( )内は20名以上の団体料金※障がい者(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。その介護者(1名)は無料。※割引を受ける際は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券を購入のこと。※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券を提示すると、団体割引料金で観覧可能。
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理