1. トップ
  2. ファッション
  3. ペタンコブームの影響か?「週にほとんど“はかない”」女性が約7割も

ペタンコブームの影響か?「週にほとんど“はかない”」女性が約7割も

  • 2016.8.1
  • 11533 views

梅雨も明け、本格的に夏がやってきましたね。暑さのせいで、世の女性たちの着る服がどんどん軽量化、ラクチン化していますが、まずはこちらのアンケート結果をご覧ください。

「ほぼ毎日はく」(11%)、「週に5日ぐらい」(6%)、「週に1~2日程度」(15%)、「ほとんどはかない」(68%)。

なんと「週にほとんどはかない」と答えた方が、全体の約7割も占めていたんです。

(335票/ウーマンインサイトのTwitterで調査)

 

本日8月1日は「ハイヒールの日」。そうこちら、「週に何回“ハイヒール”をはくか」と女性に調査したアンケート。

世は“ペタンコサンダルブーム”。しかもこの暑さ……ハイヒールを履いて頑張って街を歩く気力なんか、残ってない!というのが現実だったりしますよね。

 

“ハイヒールを履く女性=バリキャリのかっこいい大人”という図式が浮かぶ世代の私ですが、イメージとしては米TVドラマ『Sex and the City』に出てくる主人公の“キャリー”(最愛靴は「マノロ ブラニク」!)。

キャリーはその靴を買いすぎて破産寸前になることもありましたが、「高くても買い、痛くても履く」ハイヒールは、女としての気持ちを奮い立たせ、前に進むパワーを与えてくれる魔法の靴でもあるような気がします。

 

と、「ハイヒールの日」を前に、ハイヒールが似合う有名人に贈られる「日本ハイヒールベストドレッサー賞2016」が発表され、年代別に以下のみなさんが選ばれました。

■「日本ハイヒールベストドレッサー賞2016」発表
【10代】中条あやみ さん
【20代】菜々緒 さん
【30代】道端ジェシカ さん
【40代】米倉涼子 さん
【50代】真矢ミキ さん
【60代以上】桃井かおり さん
※「日本ハイヒールベストドレッサー賞2016」は、「ハイヒールが似合う有名人」として、美脚専門サロン『ONSEN美脚座』と日本ハイヒール協会が各年代別に選定。ハイヒールを素敵に履きこなし外見も内面も美しく輝いている女性が選ばれています。

ズラリと並んだ名前からは、“健康的な脚線美”という印象を受けますよね。

 

余談ですが、ハイヒールが似合う有名人“番外編”として個人的に賞を贈りたいのが、現在、絶賛上演中のミュージカル『キンキーブーツ』に出演されている、俳優の三浦春馬さん。

ドラァグクイーンに扮した三浦さんが、12cm以上もあるピンヒールで激しく踊るのですが、その姿に驚き感服するとともに、「ハイヒールをもっと履いて歩こう」と思わされるのです。そして、ハイヒールが美しく履きこなせるボディになろう!と。

だって、ハイヒールは女の専売特許のようなもの。男性には負けていられません。世の女性のみなさん、この気持ち共感してもらえますよね?(さとうのりこ)

*モデル:南りほ(Instagram:@__rhcih)