1. トップ
  2. ファッション
  3. 進んでいくほど簡単になる、不思議な巨大迷路が登場

進んでいくほど簡単になる、不思議な巨大迷路が登場

  • 2014.7.14
  • 1179 views

9月に新学年が始まるアメリカの学生たちは、ただいま夏休み真っ盛り。 このほど、ワシントンDCの「National Building Museum(アメリカ国立建築博物館)」に、子どもたちが喜ぶこと間違いなしの巨大迷路が登場した。

18フィート(約548センチ)の高さにもおよぶこの迷路は、2015年前半に行われる展示会を紹介するインスタレーションで、今月4日から9月1日までオープンしている。 手がけたのは、デンマークの新進建築家Bjarke Ingels(ビャルケ・インゲルス)率いるチームだ。 17世紀から18世紀のヨーロッパの迷路園やアメリカのコーン畑の迷路からの影響も感じられるこの迷路の特徴は、中心に向かって少しずつ下がっていくようになっていること。

undefined

一般的に、迷路は奥深くに入り込むほど、より複雑になる。インゲルスはそこで、もしその考えを逆転させたらどうなるだろう、と考えたという。 進んでいくほどに、全体像が明快に浮かび上がってくる、そんな迷路。 それを実現したのが今回の作品だ。

undefined

入口から進み、迷路の中心にたどり着いた参加者は、文字通り“全体”が見渡せるようになるのだ。 鋭い着眼点から発想されたこのコンセプトは、迷路を子どもだけでなく大人も楽しめるものにしている。

undefined

この夏、ワシントンDCに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみたいスポットだ。

undefined

The BIG Maze

http://www.nbm.org/exhibitions-collections/exhibitions/the-big-maze.html

http://www.big.dk/#projects-maze

BIG

元記事を読む