相手の心の扉を開く、イタリア流・会話のコツ4選【後編】

前編

では、イタリア人女性が実践している、相手の心の扉の開け方をご紹介しました。後編では、さらに扉の先へ入っていく会話術をご紹介します。

■3.質問した後、相手の答えを反すうする

とあるイタリア人の知人女性は、外見的にはごく普通の人。しかし、話をするとつい引き込まれてしまう魅力がありました。たまに迎えにくる彼氏の様子を見ると、イタリア人男性にはめずらしく「完全に彼女しか見えていない」様子です。

人をひきつける、彼女の魅力はどこにあるのか観察してみると、「話を聞いた後『それってこういうことかしら?』と、相手の話の中身を反すう・確認した上で自分の意見を伝えている」ということでした。

質問は相手のことを知るための一番効果的な方法ですが、やり方には注意が必要。「この人は何が目的でいろいろ聞いてくるんだろう?」と、見方によってはガツガツしているように思われます。

せっかく心の扉を開けられたのに、また閉じられてしまっては何にもなりません。一度聞いた話を、「あなたの話はこういうことですね?」と自分の言葉で整理して直接相手に確認するのは、遠回りなようでいて意外とすぐに効果が出ます。

「この人は自分の話をちゃんと聞いていてくれているんだ」という安心感が生まれ、リラックスして話せる雰囲気を作り出しやすいからです。特に、相手の価値観を知るための話題に応用することで、相手の心の深い所まで入っていける効果が絶大。彼が「この人ならいろいろ打ちとけられそうだ」という気持ちになれば、彼の心の扉の鍵をもらったようなものです。

■4.「会話の終わり」はきちんと

イタリアで電車に乗ると、たまたま隣同士になった人と、降車駅まで話がはずむことがあります。別れ際に「楽しい話をありがとう。あなたと話せて良かった」「あなたの隣の席に座ることができた、今日はなんてラッキーなんだ」という言葉をいただくと同時に、連絡先を交換することも。

特にしめの言葉もなく、さらりと別れてそれっきりの場合も多いですが、会話も最後の時に、相手の気持ちが伝わってくる言葉をもらえるとやはり印象深いですし、相手がいつまでも記憶の中にとどまっているものです。

トークの終わりに「じゃあそろそろ(なんとなくさようなら)…」という雰囲気だと、その後がグダグダになってしまい、間が持ちません。彼と別れる時間になったら、会話の終わりを示す言葉を忘れずに。単に「話せて楽しかったです。ありがとう」だけでは、「また次も会ってみたい=だから心の扉を開けておいてほしい」という気持ちは伝わりません。

例えば「今朝イヤなことがあったんだけど、今日あなたと話せたから、落ちていた気分が上がってきたみたいで嬉しい」と、具体的かつストレートに自分の気持ちを伝えてみて下さい。「これで、今回の話が終わった」ことが相手に伝われば、「え、もう終わり?」と相手の気持ちも揺さぶられ、「また次、話したいな」という彼の気持ちに火をつける効果が期待できます。

相手の心の扉を少しでも開くことができたなら、そのまま開けっぱなしにしてほしいもの。誰でも入れるフルオープンにしてもらえなくても、自分ひとりくらい中に入ることができれば、次につなげることもそう難しくありません。「この人は何か違う、自分の心を動かす人だ」と感じてもらえるような、素敵な会話を実践してみて下さいね!

(金丸 標)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。