1. トップ
  2. ヘア
  3. ゆるふわスタイルは、透明感・軽さ・柔らかさのベージュ系ヘアカラーで

ゆるふわスタイルは、透明感・軽さ・柔らかさのベージュ系ヘアカラーで

  • 2014.10.27
  • 1166 views

髪に透明感や軽さ、柔らかさを感じることのできる、ベージュ系ヘアカラーが得意とするのが、ゆるふわなヘアスタイルです。組み合わせることで、女性らしい丸み、柔らかさ、優しさを持ち、人気の高い愛され女子を作りあげることができます。

ダークカラーがトレンドとなっている最近のヘアカラーですが、ベージュ系ヘアカラーも根強い人気があります。2014年はピンクを掛けあわせた、ピンクベージュのヘアカラーに注目が集まりました。

他のカラーと組合せると、ブラウンカラーもいろんな雰囲気に

今回は、その中から「オレンジベージュ」「ピンクベージュ」「アッシュベージュ」「モカベージュ」「シフォンベージュ」「ラベンターベージュ」「ベージュグラデーション」のヘアカラーを紹介します。自分にあうヘアカラーを探している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シフォン系ベージュ

触れてみたくなる様な透け感とやわらかさが人気のシフォンベージュ。肩レングスのボブに表面のみレイヤーをON。ロングに飽きてきた方や少し軽やかにスタイルチェンジしたい方におすすめです。ベースを32mmのコテで内巻きに巻いて、ソフトワックスでもみ込むだけの簡単スタイリングです。

http://www.beauty-park.jp/shop/180935/catalog/10653/
K-two 京都店 (京都府/京都)

オレンジ系ベージュ

アプリコットオレンジでワンメイクして髪に潤いを。オレンジベージュのハイライトを入れて軽さを表現。シンプルなボブスタイルにオレンジベージュのハイライトをプラス!髪にカラーで動きがついているので乾かすだけでOKです。

http://www.beauty-park.jp/shop/182723/catalog/8604/
teeta (神奈川県/武蔵小杉)

ピンク系ベージュ

深みとツヤを引き出したローズレッド。少しだけ明るいハイライトを入れてグロッシーなカラーに。

http://www.beauty-park.jp/shop/182723/catalog/8600/
teeta (神奈川県/武蔵小杉)

アッシュ系ベージュ

上品さと、短めバングでカジュアルなオシャレ感を併せ持つ少しマニッシュなマッシュベースのクールショート。サイドとネープにかけてのアウトラインを全体より少し暗めのアッシュで締め、全体をベージュカラーで染めてツヤ感と上品さのある美髪カラーに!

http://www.beauty-park.jp/shop/160947/catalog/8916/
add・QUEEN'S GARDEN by K-two (大阪府/大阪)

モカ系ベージュ

毛先のボリュームカールがクラシカルなワンレンボブ。明るめのモカベージュのカラーでワンランク上の大人カジュアルなスタイルに仕上げました☆毛先のカールに艶が出るようやわらかめのクリームでスタイリングです。

http://www.beauty-park.jp/shop/7209/catalog/2716/
beyond(東京都/原宿)

ラベンダー系ベージュ

くせ毛風のウェーブにラベンダーベージュでカラーして柔らかく優しい印象を与えます。くせ毛風のウェーブでアレンジがしやすいスタイルです。ミルクトリートメントをつけて根本をしっかり乾かしてボリュームを出します。毛先は根本が乾いた頃にはほどよいカール出ます。

http://www.beauty-park.jp/shop/179853/catalog/7821/
Savian(東京都/新宿)

ベージュグラデーション

毛先にあてたパーマで、スタイリングなしでもキマるリラックスウェーブ。ローレイヤーの重めスタイルがベース。毛先に向かって入ったグラデーションカラーがウェーブの動きを強調します。洗いざらしのまま、自然乾燥でもキマる簡単スタイリングヘアです!

http://www.beauty-park.jp/shop/160947/catalog/8910/
add・QUEEN'S GARDEN by K-two(大阪府/大阪)

他のカラーと組合せると、ブラウンカラーもいろんな雰囲気に

ベージュ系ヘアカラーもブラウン系同様に、オレンジ・ピンク・アッシュなど、他の色味を組みあせて、様々な雰囲気を演出できます。

ベージュ系ヘアカラーのカラーレベルが少し高いので、きちんとしたヘアケアを心がけるようにしましょう。そのまま放置していると、カラーの褪色へと繋がり、だらしないスタイルになりかねません。カラーリングをしたその日からの毎日のケア、そして定期的なカラーのメンテナンスを心がけることがとても重要です。