1. トップ
  2. レシピ
  3. 夏は王様の野菜で決まり!?今が旬のおすすめ菜っ葉3選

夏は王様の野菜で決まり!?今が旬のおすすめ菜っ葉3選

  • 2016.7.27
  • 9757 views

7月28日は「菜っ葉の日」。夏野菜といえばトマトやきゅうりが有名ですが、葉物野菜の「菜っ葉」が旬の季節でもあります。

独特のヌメリが特徴の「モロヘイヤ」「ツルムラサキ」、シャキシャキとした食感が楽しい「空芯菜」は、夏が旬! いずれも緑黄色野菜のため、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールが豊富で、夏のむくみや紫外線対策にもおすすめの野菜です。

夏を乗り切るために、ぜひ摂り入れてみてくださいね。

■夏が旬!おすすめ「菜っ葉」3選

・モロヘイヤ

「王様の野菜」という意味の名をもつモロヘイヤは、抗酸化力の強いβ-カロテンやビタミンE、ビタミンC、ミネラルが豊富な野菜です。モロヘイヤ50g(1/2パック程度)で、1日の推奨量に対して、β-カロテンを約70%、ビタミンEとビタミンCを約30%とることができます。

さらにモロヘイヤのネバリ成分は、善玉菌の大好物である水溶性食物繊維の仲間ですから、腸内環境美化にも◎。 茹でて細かく刻めば、冷凍保存もできます。

・ツルムラサキ

栄養価ではモロヘイヤにかないませんが、ツルムラサキも、β-カロテンやビタミンEの豊富な野菜。カリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富です。

夏は汗でミネラルが流れ出て、体内のミネラルバランスが崩れ、むくみが起こりやすい季節ですから、ミネラルが豊富な野菜はうれしいですね! ツルムラサキはクセがなくネバリも少ないため、モロヘイヤが苦手な方におすすめの夏「菜っ葉」です。

・空芯菜

中華料理やタイ料理でお馴染みの空芯菜(クウシンサイ、ヨウサイ)。β-カロテンやビタミンCなどの抗酸化ビタミン、ミネラルの豊富な野菜です。モロヘイヤやツルムラサキは、茹でて食べることが多いため、どうしてもビタミンやミネラルが減ってしまいますが、空芯菜は、炒めて食べることが多い野菜なので、ビタミン、ミネラルの損失が少ないうえ、β-カロテンなど脂溶性ビタミンの吸収率もUPします。

旬の野菜は、おいしいだけでなく栄養価が一番高い野菜でもあります。旬のものをしっかり食べて、夏バテ知らずの丈夫な身体を作りたいですね。

(岩田 麻奈未)

元記事を読む