パリジェンヌに学ぶ、スカーフ&バンダナの上手な使い方

パリジェンヌがオシャレに首に巻いているイメージのスカーフは、1つあると様々な着こなしに活用できる万能アイテム。

今回は、実際にパリジェンヌたちがスカーフをどのようにファッションに取り入れているのかをご紹介。

 

まずは初級編。

1.首元に結ぶ

まずは定番の首元。彼女のように着こなしがシンプルな時やダークトーンになってしまう時、スカーフを首元にプラスするだけで一気におしゃれ度がアップします。

 

2.バッグに結ぶ

こちらも定番の1つ。パリではヴィンテージのバッグを自分らしくアレンジしている女の子をたくさん見かけました。

ヴィンテージショップにはたくさんの種類のスカーフも置いてあるので、その場で組み合わせを選んでセットで購入する人も。

 

ここからは上級編。

3.ベルト代わりに腰に巻く

白シャツにデニムというベーシックな着こなしも、ベルト代わりにスカーフを巻くだけでガラリと雰囲気が変わります。

この場合は大判スカーフを選ぶのがポイント。

 

4.ヘッドアクセとして活用

パリジェンヌにとってスカーフはヘアアレンジの定番アイテム。ボニーテールに巻くだけでもこんなに素敵に仕上がります。

彼女が使っているのはやはり大判のスカーフ。サイドで結んで、余った部分を内側に入れ込むだけ。服装と同系色を選ぶのも素敵ですね!

 

大判がない場合やバンダナを活用したい場合は、彼女のように頭の上で結むのも◎

アレンジがしにくいショートカットの人も、簡単にイメチェンができるのが嬉しい!

 

1つあれば着こなしのアクセントに大活躍するスカーフ。

日本の古着屋さんにもたくさんの種類のスカーフがリースナブルな値段で売られているので、様々なカラーや大きさを揃えてその日の気分で選ぶのも楽しそう。

 

あなたもパリジェンヌのようにお洒落にスカーフを使いこなして、着こなしの幅を広げてみては?

元記事を読む
提供元: FUDGEの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。