1. トップ
  2. メイク
  3. 秋のメイクの2大派閥!【その2】「きちんとレディメイク」ってこういうこと!

秋のメイクの2大派閥!【その2】「きちんとレディメイク」ってこういうこと!

  • 2014.10.23
  • 1403 views

シーズンごとに洋服はアップデートするのに、メイクが同じなんて残念すぎる! と、そんな女子のために『AneCan』12月号では、きれいなお姉さんの定番「きちんとレディメイク」と、ミーハーでカジュアルトレンド大好きな「ふんわりこなれメイク」の2大メイクの秋顔を徹底解説しています。

肌、目元、唇の質感や使う色を変えれば、印象も自由自在。今回は、「きちんとレディメイク」のポイントをチェックしていきましょう!

「ふんわりこなれメイク」はコチラ!→ 秋のメイクの2大派閥!【その1】「ふんわりこなれメイク」ってこういうこと!

<上品きれいな“きちんとレディ”メイクがぴったり!>
■レディなワンピースを着る
■大事な会議
■目上の方と会食
■彼ママに会う
■彼とレストランで食事

★きちんとレディメイク、5つのポイント!

【肌】つるんと均一なセミマット肌

毛穴の開きやテカリなどしっかりカバーしつつ、ふんわり感も欠かせない。必要なのは、肌のアラをカバーできるルースファンデーション。なめらかなセミマット肌を作りましょう。

【眉】気持ち“しっかりめ”に描く

リキッドタイプのアイブロウを使い、1本1本毛を描き足すように全体の眉を整えます。形は、眉頭から眉山まではまっすぐ、眉山から眉尻へは自然と細くなるようにします。

【目】ボルドーシャドウと長めアイライン

アイシャドウは、色っぽさが出るボルドーに注目! 上まぶたキワから二重幅にかけてアイシャドウをぼかし、アイラインは目尻側を長めに描き、マスカラは黒で。

【唇】スモーキーピンクのグロスで上品に

オフィスメイクの鉄板“ベージュピンク”に代わり、この秋はくすんだピンクが新定番に。きちんと感がありつつ、女っぽく決まるボリューミーな唇を作るグロスを選びましょう。

【頬】ソフトピンクを中央広めにぼかす

しっかりめのアイメイクとのバランスを考え、チークは頬の中央に広めにぼかします。カラーは、優しい発色のピンクを。 ただのコンサバメイクではなく、しっかり秋のトレンドを取り入れた、きれいめメイク。肌も眉も目元もしっかりめに。特に、秋色ボルドーで作るアイメイクがポイント! こうしてみると、「どこにポイントを置くか」でメイクの仕上がりが大きく変わります。秋はファッションに合わせてメイクのポイントを変えて、日替わりで楽しむのもいいですね。(さとうのりこ)

「ふんわりこなれメイク」はコチラ!→ 秋のメイクの2大派閥!【その1】「ふんわりこなれメイク」ってこういうこと!

(『AneCan』2014年12月号)