プロが指南!一重の人は逆効果になる「NGアイメイク」と「正解テク」

メイクのハウツー本はたくさんあっても、「なぜだかモデルさんのように仕上がらない……」そんな経験はありませんか? 特に一重まぶたの人は、二重や奥二重の人と同じメイクをしてもなかなか上手くいかないことが多いですよね。

加えて30代以降は、流行を意識しつつも清潔感、知性を感じさせるメイクを意識したいところ。間違ったメイクをしてしまうと、「あの人のメイク、なんか変……」と、逆にマイナスイメージに繋がってしまいます。

そこで今回は、プロのヘアメイクである筆者が“一重まぶた”の人がすると逆効果になってしまうNGなアイメイクと、おすすめのテクニックについてご紹介します。

自己流メイクでは解決できなかったことも、ちょっとしたテクニックで解消でき、ぐんと洗練されたメイクに変身できますよ!

 

■一重まぶたの人がやりがちなNG「アイライン」

「目を大きく見せたいから」、「流行っているから」と、ついついアイラインを太く引いていませんか? しかしアイラインは太く引くと、逆に目が小さく見えてしまいます。

ポイントはまつげのスキ間を埋めるように細く引くこと。この時、焦って目を開けるとまぶたにラインがにじむので注意! すぐに目を開けずに、乾くまで待ちましょう。

 

■気づけば「パンダ目」でアイメイクが台無しに…

“一重まぶただからアイメイクがヨレやすい”なんてことはありません。ヨレの原因はベースメイクにあります。

フェイスパウダーで上下まぶたキワまできちんとカバーすれば、マスカラもラインもヨレにくくなりますよ。

 

■一重さんが取り入れたい「メイクテクニック」

(1)まぶた全体(アイホール)を使ってアイメイクをする

アイシャドーパレットの明るい色から順番にアイホール全体、アイホール半分位まで塗り、最後に引き締め色を目の際よりも少し上に確認できるくらいまで置きましょう。

この時、しっかりシャドウを乗せたつもりでも、意外と目を開けて見るとシャドウの色が隠れて見えなかったりするもの。そのため、目を開けて正面を見た時に、引き締め色が目のキワよりも少し上までくるようにアイホール全体を使うことがポイントです。

必ず目を開けて鏡を正面から見て、アイメイクの仕上がりをチェックしましょう。

(2)「付けまつ毛」は必須アイテム

ナチュラルな目尻だけのものが流行っていますが、一重まぶたさんは全体に付けてあげることで目元の丸みが強調され奥行きが生まれます。その際、少しだけ目尻をはみ出して付けることで、目幅を横にも広げてあげましょう。

 

いかがでしたか? ちょっとしたコツやポイントでメイクの仕上がりはグッと変わってきます。一重だから……とあきらめず、取り入れられそうなところからぜひチャレンジしてみてくださいね。

※ 古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ Serg Zastavkin / Shutterstock

元記事を読む
提供元: Woman Wellness Onlineの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理