押切もえ小説と“僅差”評価に湊かなえが大激怒!! 出版社の必死の話題作りに「女又吉」の声

『告白』『白ゆき姫殺人事件』などのベストセラー作家・湊かなえさんが、自身が受賞した第29回「山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)について厳しく批判しています。

湊さんは『小説新潮』(新潮社)7月号に掲載された山本周五郎賞の受賞エッセイの中で、以下のようにコメント。

「文芸の外の人が2作目なのに上手に書けているという、イロモノ扱いのままで審査された作品と僅差だった。そのような結果が動力になる小説家がいるのでしょうか?」

その湊さんが指摘する「文芸の外の人」とは、モデル・押切もえさん のこと。

賞の主催者、さらには押切さんの作品への批判ともとれるこのコメントに注目が集まっています。

出典:押切もえ official(moeoshikiri)(Instagram)

●「二番煎じの愚策」「女又吉」主催者への批判の声

事の発端は、5月に行われた第29回「山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の発表。

この受賞発表は、モデル・押切もえさんの2作目の小説『永遠とは違う1日』(新潮社)がノミネートされたことで注目が集まっていました。

結果は、湊さんの『ユートピア』(集英社刊)が受賞。

押切さんの作品は、“得票数0.5差”の僅差で惜しくも受賞を逃しました。

この選考について、選考委員の佐々木譲さんは「湊さんのほかにもう1人、有力な方がいました。押切もえさんです」と説明。

さらに「W受賞でもいいのではないか、という意見もありました」とコメント。

湊さんは、押切さんと同列にされたことが相当腹立たしかったのか、

「二番煎じの愚策に巻き込むのは、どうか今年限りにしてください」

と訴えています。

この「二番煎じ」とは、昨年芥川賞を受賞した又吉直樹さんに触れてのこと。

“話題作り”として芸能人の作品をノミネートした選考委員や主催の新潮社に対し、強い憤りを感じているようです。

受賞を逃した他の作家が、選考委員や受賞者に対して批判を口にすることは稀にありますが、今回批判を示しているのは受賞者本人。

賞の受賞者がその受賞エッセイの中で、選考過程についてこれほどの怒りを露わにしているのは前代未聞 です。

実際、押切さんのノミネートについて批判しているのは、湊さんだけではありません。

『四十八億の妄想』『時をかける少女』などで知られる作家界の重鎮・筒井康隆さんも、ブログで今回の審査についてコメントしています。

「湊かなえが突然マスコミを非難しはじめた。同じ候補だった『女又吉』のことでいやな目に遭わされたらしいが、同感しつつも、文壇とマスコミは夫婦関係に似ているなど思う」

筒井さんは湊さんの怒りをなだめるような発言をしつつも、押切さんのことを「女又吉」という皮肉な言葉で表現しています。

出版社の露骨な話題作りに対して、呆れる様子の作家も少なくないようです。

●ネットでも賛同の声が多数

『どちらの作品も読んだけど、当然のことながら本職である湊さんの作品が圧倒的に面白かった。僅差な訳ないじゃんと素人でもわかるレベル』

『そもそもノミネートされること自体が謎』

『私も湊かなえの立場なら同じ事思っちゃう』

『押切もえは、そこまで知的なイメージが欲しいのか』

『話題性のために賞あげたいなら、芸能人枠作れば良いじゃん』

『気持ちはわかるんだけどなぁ……口に出してしまう湊かなえも賢くないなぁと思う』

ネットでは、モデルの押切さんが本職の湊さんに敵うはずがないという厳しい意見も。

実際に両作品に目を通した人も、湊さんの主張をもっともだとする意見が多いようです。

----------

芸能人の作家活動は、昨年の又吉さんの芥川賞受賞がきっかけで大きく話題になりました。

しかし、それに味を占めた出版業界がタレント作家を重視する風潮があるのではないかという批判も出てきています。

正当な評価だったと証明しない限り、賞の権威はおちぶれる一方のようです。

【画像出典元リンク】

・押切もえ official(moeoshikiri)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/BCFgE4LyFXm/?taken-by=moeoshikiri

(文/恋愛jp編集部)

提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
女性に非はないのに彼氏から見て評価が下がってしまうこと9パターン
よく考えれば彼女の責任ではないのに、彼氏から見ると彼女の評価が下がってしまう、という不思議な現象があります。一体それはどんなことなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「女性に非はないのに彼氏から見て評価が下がってしまうこと」をご紹介します。
オトメスゴレン
かなり私小説 松尾スズキ、新聞連載をもとに新刊
初老に差しかかった個性派俳優・海馬五郎は、フランスの一風変わった文化賞の授賞式に出席するため、パリ行きを決意。それがトホホな道行きになっていく松尾スズキさんの『もう「はい」としか言えない』。同じく海馬五郎の語りで、幼少時より自意識でがんじがらめになっていた自らの生い立ちをたどる「神様ノイローゼ」。
anan web
沖縄で伝承されてきた昔話がトラウマ必死の恐怖ドラマでよみがえる!
沖縄で語り継がれる怪談を実写映像化した「琉球トラウマナイトレジェンド2018」が8月25日(土)昼4時から沖縄テレビ(O...
ザテレビジョン
りゅうちぇる「自分の世界観を持つといい」“ちぃ族”日野麻衣を高評価
8月22日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、不思議ちゃんキャラにまつわるドッキリ企画を放送。不思議ちゃ...
ザテレビジョン
バイヤーや食のプロがガチ評価!浅草・押上の手みやげランキング(5~1位)
東京を代表する人気観光スポット、浅草。日本人はもちろん、外国人観光客を意識したみやげものも充実している。また、東京スカイ...
ウォーカープラス
バイヤーや食のプロがガチ評価!浅草・押上の手みやげランキング(16~6位)
東京を代表する人気観光スポット、浅草。日本人はもちろん、外国人観光客を意識したみやげものも充実している。また、東京スカイ...
ウォーカープラス
沖縄の少年少女の運命をつむぐ! 小説『宝島』に込められた想い
手にするだけで熱が伝わってきそうなパワーを秘めた本。沖縄を舞台にした真藤順丈さんの『宝島』は、そんな圧倒的大作だ。
anan web
映画『マチネの終わりに』福山雅治×石田ゆり子、平野啓一郎の小説が初映像化 - 切なくも美しい恋愛物語
平野啓一郎の小説を原作とする映画『マチネの終わりに』が、2019年秋に公開される。 www.fashion-press.net 芥川賞作家・平野啓一郎の小説が初の映像化 原作は、芥川賞作家・平野啓一郎が2016年に刊行した同名の小説「マチネの終わりに」。日本・パリ・ニューヨークの3都市を舞台に、クラシック・ギタリストの主人公と海外通信社所属の女性ジャーナリストが、6年間でたった3度の出会いの中で惹かれ合い、人生で誰よりも愛した存在になるという、大人の恋愛小説だ。 渡辺淳一文学賞を受賞した本作は、純文学としては異例の17万部を突破。幾多の小説を発表してきた平野啓一郎だが、意外にも作品が映像化されるのは今回が初めてとなる。 キャスト 福山雅治 - 天才ギタリスト・蒔野聡史役 主人公の天才クラシック・ギタリスト蒔野聡史を務めるのは、福山雅治。アーティスト、俳優の両方で活躍する福山が、現状の演奏に満足が出来ず、自分の音楽を見失い苦悩するという天才ギタリスト役を演じる。・福山雅治コメント「それでも、人は人を愛さずには生きていけない」。長く余韻が残る読後感でした。恋愛する、恋愛しないに関わらず、どんな生き方も許容する現代において、「愛」とはどのような意味を持つのか?人が人を必要とするその時に名付けられる「愛」という感情。目には見えない無形の感情を、今作は可視化出来るのではないかと感じています。信頼する西谷監督の元で、深く原作に引き寄せられ、まさに洋子そのものが身体に宿っておられるであろう石田さんと、蒔野聡史として向き合えるよう頑張ります。 石田ゆり子 - 通信社ジャーナリスト・小峰洋子役 そして、フランスの通信社に所属のジャーナリスト・小峰洋子には、石田ゆり子。婚約者がいるにもかかわらず、蒔野との出会いによって、叶わぬ恋に翻弄されるエリート女性ジャーナリスト役を演じる。・石田ゆり子コメント「こんなふうに人を愛せたら…そんな気持ちで一気に読み終えた「マチネの終わりに」の映画化に参加できることに心震える想いです。初めてご一緒する西谷監督のもと、そして初共演の福山雅治さんと共に、この素晴らしい物語の中に生きることはこの上ない喜びです。私の演じる小峰洋子という女性は、人としても女性としてもこのようでありたいと憧れるような存在で、この役を演じることに背筋が伸びる想いです。かつてこんなラブストーリーがあっただろうかと思うほどこの物語は多面体で、知的で社会的でもあります。人を愛するということの素晴らしさと切なさがほとばしっている物語。緊張もしますがクランクインが楽しみでなりません。」 『ガリレオ』シリーズの西谷弘が監督 監督を務めるのは、福山雅治主演の『ガリレオ』シリーズや『昼顔』などを手がけた西谷弘。確かな演出力で知られる西谷は、俳優としては初共演となる福山と石田の掛け合いをどう料理するのか。「初共演の二人がどんなハーモニーを奏でるのか。まるで指揮者のような想いで今から心躍らせています」と意気込みを語っている。 あらすじ 物語は、クラシック・ギタリストの蒔野聡史と、海外の通信社に勤務する小峰洋子の出会いから始まる。ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた二人・・・。初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた。しかし、洋子には婚約者がいた。世界を飛び回る仕事柄、そして時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いを心の底にしまったまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのかー。 作品情報 映画『マチネの終わりに』公開時期:2019年秋監督:西谷弘原作:平野啓一郎「マチネの終わりに」出演者:福山雅治、石田ゆり子©2019「マチネの終わりに」製作委員会
ファッションプレス
あの女は絶対やめとけ…男からの「評価が低い女」の特徴4つ
好きになった男性と結ばれたいのなら、周りの友だちを味方に付けるのは大事。周囲から固めていけば、成就する確率はグッとアップします。だから決して、周りに嫌われるようなことはしないほうがいい……。そこで今回は、“彼の男友だちからの評価が低い女子の特徴”をご紹介するので、ぜひ参考に!
anan web
20〜30代女子の不安を解きほぐしてくれる小説『デートクレンジング』【オススメ☆BOOK】 
20〜30代女子の不安を解きほぐしてくれる小説『デートクレンジング』【オススメ☆BOOK】
DAILY MORE
池井戸潤が語る、小説の終わらせ方。「『空飛ぶタイヤ』は最後の最後に序章を書き加えました」
直木賞作家・池井戸潤にとって、初の映画化作品となる長瀬智也主演作『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)。「半沢直樹」や「下町ロケット」、「民王」、「陸王」など、ドラマ化された池井戸作品はいずれも好評を博してきたが、『超高速!参勤交代』(14)の..
Movie Walker
意外な面が高評価に!? 両思いになりやすい女性の3つの特徴
「彼氏が欲しいけど、いつも片思いばかり……」「あの子は何でいつも両思いなの……?」 こんなふうにあなたの周りに、毎回好きな人ができる度に、気づいたらすぐに両思いになっている女子はいませんか? 「どうしてあの子ばっかり?」 […]
愛カツ
押切もえ:赤タイトワンピで出産後も変わらぬ美しさ 産後の変化も
毎日キレイ
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理